Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanobusiness

薄膜の太陽技術の開発者は米国空軍から段階 II STTR グラントを受け取ります

Published on October 10, 2012 at 5:44 AM

完全に所有された子会社、 Magnolia Solar、 Inc. が小企業の技術移転 (STTR) プログラムの一部としてアメリカ空軍から、 $750,000 段階 II 賞を受け取ったことを、革命的な薄膜の太陽電池の技術の開発者太陽 nanostructured 材料およびデザインを用いている今日発表されるマグノリア。

この 2 年プログラムの目的は超高度の効率、スペース力アプリケーションのための薄膜の太陽電池を開発することです。 この契約の作業は前に空軍が資金を供給し、 2011 年 11 月に発表される高性能の太陽電池の作業を補足します。 両方の資金を供給された契約はマグノリアの太陽開発計画をサポートしています。

光起電装置はスペースおよび地球環境両方のいろいろな防衛そして商用アプリケーションに電力の移動式もとを提供できます。 これらの移動式力アプリケーションの多数は光起電装置の効率の機能拡張から直接寄与できます。 現在、最新式の光起電装置は正常な日光の 30% 上の効率を達成した用い、集中の下で 40% を超過します複数の接続点デザインを。 ただし、現在のアプローチは複数の接続点装置デザインの複雑さそして費用による実用的な限界に達しています。 空軍から単一接続点装置の超高度の効率を提供する潜在性があるこれらの nanostructured 太陽電池から造りのために太陽マグノリアへの資金調達は意図されています; 可能性としては非集中された日光の 50% に近づくことができる効率。 私達は単一接続点が太陽電池複数の接続点のセルより本来より少なく複雑で、低価格で可能性としては超高度の効率を提供することを信じます。

Ashok K. Sood、示される Magnolia Solar Corporation の社長兼最高経営責任者先生革新的な装置デザインと結合される新しい材料によって光起電装置の効率を改善するために 「私達は働いています。 優秀な構造および光学的性質が付いている Quantum の点の構造は段階 I プログラムの間に示され、段階 II の努力の間に高度の光起電装置に組み込まれるように意図されています。 これらの構造にあります光起電装置が出力の効率のためのパフォーマンスの新しいレベルに達することを可能にする潜在性が」。

ソース: http://www.MagnoliaSolar.com

Last Update: 10. October 2012 06:24

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit