Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanomedicine | Nanoanalysis

蛋白質の構造を厳密に調べる X 線のシンクロトロンの Footprinting のための新しい Wiggler Beamline

Published on October 15, 2012 at 7:11 AM

、 Proteomics のための中心のマークの (NSF)チャンス、 PhD、ディレクターおよびケースの西部の予約大学医科大学院で生物情報学は全米科学財団から許可によって導かれて、各国用のシンクロトロンの光源 II (II) ニューヨークを使用のための $4,000,000 をの Brookhaven の国立研究所の NSLS 与えられました。

2012 年に与えられる 2009 年以来のケースの西部の予約に与えられる理事会オハイオ州からの大学そして $100,000 賞からのほぼ $1.2 百万のマッチとの $2.7 百万の NSF の許可は、それに最も大きい NSF の少佐研究の器械使用プログラム許可および最も大きい NSF の許可をします。

この許可は Brookhaven の国立研究所でシンクロトロンの生物科学のためのケースの中心で新しいシンクロトロンのユーザー機能のための最新式の器械を発達させることによって大学の国際的レベルの構造生物学機能を拡張するために資金調達を提供します。

「この器械使用プロセスシグナリングで担うボディの蛋白質への薬剤の結合」、は役割および私達が水および構造の重大な役割を理解するようにし、またケースの西部の予約の医科大学院のための研究の副学部長として役立つチャンスを言います。 「これらの細部新しい材料を開発し、小型分子および生物的薬剤を最適化し、生体細胞内の分子の構造を厳密に調べ、化学および生物化学と関連していた基本的な質問に答えるのを助けます科学者が」。は

新しい器械、 X 線のシンクロトロンの footprinting のための wiggler の beamline は、マイクロ秒からの分にタイムスケールの蛋白質そして核の酸ベースの分子機械の構造を厳密に調べ、環境が付いているこれらの分子の相互作用の親密な細部を明らかにします。

「Beamline 世界でシンクロトロンの footprinting のための首位のリソースとして私達の現在の最先端の機能を越えます」、はケースの西部の予約の医科大学院で汎用医学の部分の Jen Bohon、 PhD、教官およびシンクロトロンの生物科学の中心のための鉛の科学者を追加します。

ケースの西部の予約の科学者は生物医学的なイメージ投射および生物工学 (NIBIB) のための各国用の協会からチャンスのリーダーシップの下で 2005 以来の Brookhaven で健康のある各国用協会で中心の資金調達の $8,000,000 サポートされる X 線によって基づくシンクロトロン機能の組を作動させました。 機能はニューヨークおよびクリーブランドの科学者を含む Proteomics そして生物情報学のための大学の中心の能力そしてスタッフによって、管理されます。

Brookhaven で使用できる多重 X 線の器械は世界の上の学術機関、研究所および政府の実験室のほぼ 100 からの約 500 人のユーザーの国際的な依頼人をサポートします。 それらは開発中の研究を行なって、構造生物学の新しい技術を開発します。

「新しい beamline 中心の機能を高める潜在性があり、研究者が」に言いますアラン McLaughlin、 PhD の NIBIB の応用科学技術の部分のディレクターを全体の科学界に寄与できるより詳しい構造的情報を得ることをそこに可能にします。

さらに、許可はかなり科学の影響を拡大している PhD レベルの科学者に高等学校学生のトレインからの多くのレベルで能力およびスタッフが、行なった教育およびアウトリーチ活動資金を供給します。

ソース: http://www.case.edu/

Last Update: 15. October 2012 07:48

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit