Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanomaterials | Nanobusiness

Nanomaterials の EU 定義の NanoSight Webinar を結合する範囲の中心

Published on November 2, 2012 at 8:37 AM

NanoSight は範囲の中心、またデニス Koltsov からの Matteo Dalla バエが今次の Webinar のための NanoSight CEO ジェレミーワーレンを結合する annouce に、 「EU の Nanomaterials 定義のアップデート喜びます: 最近の EU および JRC 書の影響」。

webinar 3:00 pm および 5:00 pm グリニッジ標準時で水曜日 11 月 14 日に、起こります (10:00am および 12:00 pm 米国東部標準時刻)。

この 30 微細な webinar のための輪郭議題は次の通りあります:

  • JRC 方法文書を見直し、示される主結論および挑戦を論議して下さい。
  • ほとんどの影響がある EU の二番目に規定する検討をおよび迫った立法の輪郭を描いて下さい。
  • nanomaterials の規則に関する米国の見通しで報告して下さい。 この報告はヘルシンキの今月の終わりに SENN2012 で - 設計された Nanoparticles およびナノテクノロジーの安全の国際的な議会を、台に置かれた問題含んでいます。

この十分に対話型の提示の一部として Matteo、デニスに質問を置けます、ジェレミーワーレン、 Nanosight の CEO は、そう利用しますあなたが持つかもしれない問い合わせを明白にするこの機会を喜ばします。

webinar に登録するために登録ページを訪問して下さい

基礎的な情報

Nanomaterials の NanoSight の最後の webinar 2 通の重要な文書の出版物を見たので 6 か月:

  • 共同研究所は (JRC)ターム 「nanomaterial」の EC 委員会定義の実施のための測定の条件を作り出しました。
  • 欧州連合の任務は Nanomaterials の第 2 規定する検討を出版しました。

最初の文書が Nanomaterials のための潜在的な性格描写の方法を記述したもので間、第 2 文書は EU の 2011 年からの Nanomaterials 定義のサポートを強調し、その意思をこれです立法の一部分再表明します。

これら二つの文書の影響のより多くの情報のためおよび NanoSight が www.nanosight.com にどのように行くのを助けることができるか。

Last Update: 2. November 2012 09:25

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit