Posted in | Nanoanalysis

NPL の Nanoparticle の性格描写のための CPS の器械ディスク遠心分離機システムの使用の Analytik のレポート

Published on November 6, 2012 at 6:38 AM

Analytik の革新的で分析的な器械使用、国立物理学研究所の表面および Nanoanalysis のグループ、 Teddington、イギリスの CPS の器械ディスク遠心分離機の使用のレポートの一流の製造者。

nanoparticle のサイズの性格描写のための CPS のディスクの遠心分離機システムとの NPL の Nia 鐘

表面および Nanoanalysis の研究グループは生物的サンプルおよび電子部品を含む表面そして nanomaterials の物理的な、化学特性を、調査します。 NPL は量的な表面の分析を支える測定サービス、参考資料およびソフトウェアの範囲を供給します。 提供される測定サービスの間で粒子のサイジングの技術の組が用いられる nanoparticle のサイジングはあります。

使用される技術の 1 つは差動遠心沈降または DCS です。 DCS が nano およびミクロンの範囲の粒子の超高度の解像度のサイズ分布を得るのに使用されています。 DCS によって分析することができる粒子のサイズの範囲は構成材料の密度によって決まります。

彼女が DCS をどのように使用するかグループのメンバー Nia 鐘は記述します。 「私達は粒子を大きさで分類し、集合があるように確認するのに DCS を使用しました。 私達はまた粒子の表面の粒子の気孔率そして functionalisation を調査するために DCS からの他の技術からの密度の独立した情報に密度依存した情報を結合しました。 私は無水ケイ酸および金の粒子をグループの他のメンバーが他の中のセリウムの酸化物、二酸化チタンそして酸化亜鉛の粒子を」。見る間、見ました

鐘はそれから密度の測定をより詳しく記述し続けました: 金の nanoparticles の蛋白質の吸着を調査するのに 「DCS が使用されました。 増加する蛋白質のシェル厚さによって粒子の有効な密度は減りました。 DCS データの正確な解釈のためにこの可変的で有効な密度は考慮されなければなりませんでした。 シェルの密度は一定した値および DCS データから得られたシェル厚さと等しい仮定されましたまたはシェル厚さはシェルの密度を計算するのに使用された密度の独立した技術および DCS を使用して測定されたそれであると仮定されました。 蛋白質のシェルの密度そして厚さから、吸着された蛋白質の量は推定できます」。

実験室で使用される他の粒子のサイジングの技術はダイナミックな光散乱、 DLS および Nanoparticle の追跡の分析、 NTA を含んでいます。 鐘はそれらがどのように使用されるか説明します: 「過去 DLS にほとんどの解決によって基づいた粒子のサイジングの測定のための標準技術はありました、しかし、 DCS および NTA の出現で私達は個々のサンプルに私達の測定をよりよく合えます。 DCS は NTA および DLS 従って」。定期的に使用されると少なくとも速いです普通

CPS の器械は差動遠心沈降方法を利用する nanoparticle の粒径分析を行います。 これは非常に近い multimodal 粒子の分布を解決し、粒度の非常に小さいシフトを区別する一義的な機能を提供します。 予言するアルゴリズムを使用してよりもむしろ、器械は物理的に光源の探知器を渡す測定し、そしてこうしてリアルタイムの完全な性格描写を提供しますと同時に nanoparticles を分け、次に。 CPS の nanoparticle のサイズの性格描写の解決についての詳細を調べるためには、訪問して下さい: www.analytik.co.uk

Last Update: 6. November 2012 07:56

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit