Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

NanoSight は Nanomaterial の解析法の EU のリストを結合します

Published on November 7, 2012 at 5:21 AM

NanoSight、一義的な nanoparticle の追跡の分析の技術 (NTA) の提供者は 2011 年に EU によって定義されるように Nanomaterials の測定のために、現在利用できる EC 委員会のレポートのリスト方法の出版物を歓迎します。

nanomaterials の測定を定義する EU の共同研究所からのこのレポートは、資格を与えられます: 「タームの EC 委員会定義の実施のための測定の条件 「nanomaterial」、 Linsinger T.、 Roebben G.、 Gilliland D.、 Calzolai L.、 Rossi F.、ギブソン N.、 Klein C.」。

レポートは規定する目的のためのターム 「nanomaterial」の勧告の EC 委員会によって出版物に続きます。 レポートはその定義に基づいて nanomaterials の粒度の測定問題のための条件を記述します。 それは現在利用できる粒子の追跡が分析である測定方法の機能を見直します (PTA)。

3 つに EU 定義 (2) の中心にある番号ベースの方法がある 8 つの方法は論議されます。 これらは電子顕微鏡検査、原子力の顕微鏡検査および (AFM)粒子の追跡の分析です。

パトリック先生の穴、開発の NanoSight のヘッドは、暖かくレポートを歓迎します: 「これは粒子の性格描写の問題、また使用できる方法の明確な概要を提供する IRMM (参考資料および測定のための協会) にチームからの釣り合った、巧妙な検討です。 個々の方法セクションは定義問題に技術のマッチを直接アドレス指定します。 責任は技術の適用の可能性を広げることの組合せによって definition2 の条件を直接処理する NanoSight に更に今ありま特定のサンプルのためのプロトコルを開発することはタイプし、限定的な性格描写の解決を提供するために他の適した技術を使用します」。

レポートは記述しま 106 particles/cm3 低い集中で nanoparticles を検出できる高い感度および比較的低い器械の費用を含むいくつかの重要な利点を持っていますとして PTA を。 それはまたより低いサイズの検出限界および無力を含む限定を一次粒子と集塊および総計を区別する強調します。 レポートは解決することを残る測定問題の実用的な例を強調します。

ジェレミーワーレンの NanoSight の CEO の注釈: 「決して立法に応じてあるかもしれない異なったタイプの nanoparticles の無数をアドレス指定する技術のユニバーサル技術また更に組合せがあることを行っていませんでした。 ただし粒子の追跡の分析がリストで含まれていることは、重要です。 これは化粧品および食品工業の科学者との私達の議論に迫った規則に従うためにそれらが性格描写の方法を」。捜すと同時に多くのサポートを与えます

NanoSight について調べ、 NanoSight の一義的な nanoparticle の追跡の analysisinstrumentation を使用して粒子の性格描写についての詳細を学ぶために、 NanoTrail の次の問題、会社の電子回報を受け取るように NanoSight のウェブサイトおよびレジスターを訪問して下さい。

Last Update: 7. November 2012 06:39

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit