Posted in | Nanobusiness

ドイツのドイツ連邦議会の経済および技術委員会の訪問 FRITSCH からの 「地方の事業開発」の小委員会

Published on November 13, 2012 at 11:36 AM

製粉し、大きさで分類する FRITSCH は 10 月 29 日の Idar-Oberstein のドイツのドイツ連邦議会の経済および技術委員会からの 「地方の事業開発」の小委員会から訪問を、前年に地方の事業開発サポートと経験を論議するために得ます。

経済および技術のためのドイツの中央政府委員会は 「地方および経済組織の改善」の共通のゴールの連邦政府のための年次フレーム作業で規則的に、熟慮し、サポートの結果を分析します。

Idar-Oberstein、ラインランド Pfalz で製粉し、大きさで分類する FRITSCH のドイツ連邦議会委員会からの代表者。

共通タスクと一直線のドイツの地方の政治の主要目的は位置選定不利な点の補償を通した経済的に低開発領域が、汎用経済開発に、遅れずについていくことができ、開発の地方の相違が減ることです。 洞察力を局部的に得るためには、代表者は位置選定不利な点との領域の会社との直接ダイアログを促進します。

2012 年 10 月 29 日で、議長によるスティーブン Mayer (ドイツのドイツ連邦議会のメンバー、 CDU/CSU) 地方の経済的な政治の鉛のための小委員会の委任は Idar-Oberstein で製粉し、大きさで分類する FRITSCH を訪問しました。

追加メンバーおよび訪問者は次のとおりでした: Doris Barnett およびアンドリア Wicklein (ドイツのドイツ連邦議会の両方のメンバー、 SPD)、マンフレッド Todtenhausen (ドイツのドイツ連邦議会のメンバー、 FDP)、トビアス Lindner (ドイツのドイツ連邦議会 BÜNDNIS 90/DIE GRÜNEN のメンバー)、ウォルフガング L. Mullerr (コンサルタント SPD の議会のグループ)、 Florian Hartmann (研究助手) およびステファン Hötte (委員会のオフィスの政府ディレクター) 先生。 Idar-Oberstein と同様、代表者はまたカイゼルスラウテルンおよび Birkenfeld を間ラインランド Pfalz で訪問しました。

訪問の目的はクラフトの区域、国家およびローカル政治家ローカル経済の代表との議論によってに個人的な洞察力を構造規定の現状、および貿易商工会議所得ること、でした。 旅行の一部として、代表者は前年のスキームからの資金から利益を得た複数の会社を訪問しました。

生産設備を通る導かれた旅行は製粉し、大きさで分類する FRITSCH で訪問を進水させました。 FRITSCH の人員は代表者、専務理事を含むロバート Fritsch、ウォルフガング Mutter 技術的なディレクター、揚がる部門の飼い葉桶説明のアネットおよびボード Volksbank-Hunsrück Nahe、エリック Gregori およびアンヤベッカーのメンバーとの議論にそれから加わりました。

議論のトピックは中央および州政府から地方の事業開発に関してサポートのもととなされた経験 FRITSCH でした。 FRITSCH の意見では官僚的な努力を高めてもらいますしかしロバート Fritsch はそれを説明しました: 「大いにより容易投資するために決定を」。はしてからサポート今のところ歓迎されてしまいました

従って、 1 月 2014 日現在の EU の規準に従って古い連邦国家が助成金の割り当てのために考慮されない代表者の説明は驚きに合われました。

Last Update: 14. November 2012 05:22

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit