Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Bionanotechnology

研究者はヒドロゲルおよび中心のセルを使用してミニチュア生物 Bots を作成します

Published on November 16, 2012 at 6:58 AM

彼らは柔らかく、 biocompatible、非常に約 7 ミリメートルずっとおよび、独自で歩くことできるです。 イリノイ大学で開発されるミニチュア 「生物 bots」は総合的な生物学のトラックを作っています。

イリノイ大学で開発されるミニチュア 「生物 bots」はヒドロゲルおよび中心のセルから成っていましたり、自分自身で歩くことができます (信用: Elise A. Corbin)

ずっと非電子生物的機械を設計することは生物学および工学のインターフェイスの科学者が解決するために努力した謎です。 歩く生物 bots はヒドロゲル、中心のセルおよび 3D プリンターだけを使用してイリノイのチームの能力前方エンジニア機能機械を示します。

変えられたデザインによって、生物 bots は薬、エネルギーまたは環境の特定のアプリケーションのためにカスタマイズできます。 I. 教授の Rashid バシル U. によって導かれた調査チームはジャーナル科学的なレポートの結果を出版しました。

「考え、生物的構造と設計ことできることによって社会に直面する挑戦をアドレス指定する私達はセルおよび性質の力を利用してもいいです」は言いました、バシルを工学のアベルの至福教授ことです。 「エンジニアとして、私達は堅い材料、非常に予想できる材料との事を常に構築したありますことが。 けれども性質が非常に優雅な方法で問題を解決する多くのアプリケーションがあります。 セルとともに事を置く方法をか」。理解してもいければ私達は複製しますそれのいくつかをできます

生物 bot の移動へのキーは非対称です。 小さいばね板に類似していて、各 bots に長い 1 つ丈夫なサポートの足で休む薄い足があります。 薄い足はラットの心臓セルでカバーされます。 中心のセル音が、長い足脈打つ時、生物 bots を順方向に推進します。

チームは急速なプロトタイピングで共通ヒドロゲルから bots 作るのに 3D 印刷方法を柔らかいゼラチンそっくりのポリマーの主体を使用します。 このアプローチは研究者がさまざまな構造を探索し、最高速度ができるようにデザインを調節することを可能にしました。 すぐにデザインを変える容易さはまたそれらが潜在的なアプリケーションの方に目との他の構成を構築し、テストするようにします。

例えば、バシルは bots の動きがセルが環境にどのように答えているか明記できるので薬剤のスクリーニングか化学分析のために使用される生物 bots を想像します。 ある特定の刺激に、化学勾配のような、生物 bots 答えるセルの統合によってセンサーとして使用できます。

「私達の目的私達が化学勾配の方に移動するためにこの事を得てもいい従って私達が」は言ったらまた生物工学の電気およびコンピューター工学の教授の、およびできればバシルを結局特定の毒素を捜し、それを中和することを試みることができる何かを設計かどうか見ることです。 「今絶えず移動して、有用な何かを見本抽出したりしている薬および環境のセンサーについて考えることができます。 アプリケーションはによってどんなセルタイプをである私達が使用する、そしてところに私達が」。それと行きたいと思うか多数、ことができます

次に、チームは直接動きかセルにライトに答える統合ニューロンのような制御そして機能を、高めるために働きます。 それらはまた斜面かステップに上ることができる足の異なった形、異なった番号、およびロボットのロボットの作成で動作しています。

「ここの考え」は言いましたマイクロおよびナノテクノロジーの実験室のディレクターのバシルを前方工学によってそれをすることができることです。 「私達にこれらのミリメートルスケールの形および異なった物理的なアーキテクチャを作るデザイン規則がありますこの管理水準とされなかった。 私達が今したいと思う何をありますそれに追加しますより多くの機能性を」。

「私は私達がちょうど」表面をこの点でスクラッチし始めていることを考えます大学院生ヴィンチェンツォ Chan、ペーパーの最初著者を言いました。 「この技術についてとてもエキサイティング - 性質の一義的な機能の一部を開発し、他の有利な目的か機能のために利用」。であるものができるためにである

ソース: http://www.uiuc.edu

Last Update: 16. November 2012 07:49

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit