Posted in | Nanomedicine

薬剤配達およびティッシュ工学のための Nanostructured のゲル

Published on November 19, 2012 at 3:38 AM

ゲルボディ、運送薬剤に注入することができるかまたは再生するセルがティッシュ、多くのタイプの癌を含む病気を、扱うための把握約束を傷つけた。 ただし、これらの注射可能なゲルはボディの中の固体構造を常に一度維持しません。

新しいせん断の薄くなるヒドロゲル (上) が体温に熱されるときゲルの安定性 (底) を改善する補強ネットワークを形作るために、ポリマー鎖は一緒に結合します。 画像: マットのガラス製造人
 

MIT の化学エンジニアは今ボディの高温にゲルを大いに耐久にする補強ネットワークの形成によって答える注射可能なゲルを設計しま、より長い一定期間に作用するようにそれがします。

ブラッドリーオルセンによって、化学工学の助教授導かれた、調査チームはジャーナルによって進められた機能材料の最近の問題で新しいゲルを記述しました。 ペーパーの主執筆者は Matthew のガラス製造人、オルセンの実験室の大学院生です。 ジャクリーン Chan の MIT の前の訪問学生はまた、著者です。

オルセンおよび彼の学生は固体そっくりおよび液体そっくりの州の間で切替える一義的な機能があるせん断の薄くなるヒドロゲルとして知られていたゲルの系列を使用しました。 機械圧力に露出されたとき - 注入の針を通って押されることのような - これらのゲルは液体のように流れます。 しかし一度ボディの中で、ゲルは正常な固体そっくりの州に戻ります。

ただし、これらの材料の欠点はボディに注入された後、機械圧力にまだ傷つきやすいことです。 そのような圧力がそれらに液体そっくりの状態への転移を再度経させるばらばらになってもいいです。

「薄くなるせん断本来耐久ではないです」はとオルセンは言います。 「注入されるために必要となる耐久からの転移をどのように経るか、長く、有用なインプラント生命の間か」。必要となる非常に耐久に、

MIT のチームは作動するゲル内の補強ネットワークの作成によってゲルが体温 (37 の摂氏温度) に熱されるときだけその質問に答えました。

せん断の薄くなるゲルは多くの異なった材料と (ポリエチレングリコールのようなを含むポリマー、か止め釘) 作ることができますが、オルセンの実験室は細胞付着およびセル移行のような生物的機能を促進するように比較的容易に設計することができるので懇願している蛋白質のヒドロゲルに焦点を合わせています。

この調査の蛋白質のヒドロゲルは形作るコイル状のコイルとして知られている蛋白質セグメント間のリンクによってまとめられる緩く詰められた蛋白質から 2 つか 3 つの螺旋形蛋白質が ropelike 構造に巻くと成っています。

MIT の研究者は各蛋白質の端に接続するポリマーが一緒に結合すると具体化する第 2 補強ネットワークを含むように彼らのヒドロゲルを設計しました。 低温で、これらのポリマーは水で溶けます、従ってゲルで自由に浮かびます。 ただし、体温に熱されたとき、水を含んだ解決から不溶解性そして別になります。 これはそれらが一緒に結合し、それを大いに耐久にするゲル内の丈夫な格子を形作るようにします。

研究者はこの補強ネットワークが付いているゲルが機械圧力に露出されたとき、かなりより堅かった低下するために大いにより遅くことが分りました。 これはボディで一度腐食するせん断の薄くなる材料の傾向を妨害する有望な方法を言います、ジェイソン Burdick をペンシルバニア大学の生物工学の助教授提供します。

「別のタイプのメカニズムに基づいてこの二次ネットワークの建物物質的なデザインによる障害」、はこと克服する非常に優雅な方法です調査チームの部分ではなかった Burdick を言います。

これらのゲルのもう一つの利点は長期薬剤リリースのために有用のそれらが一定時間にわたり低下するために調整することができることです。 研究者はゲルにこの機能を、また組み込む異なったタイプの生物的機能に今制御する方法取り組んでいます。

研究は兵士のナノテクノロジー (ISN) のための MIT の協会を通した米国陸軍の研究のオフィスによって資金を供給されました。 兵士の薬へのこれらの nanostructured ゲルの潜在的なアプリケーションは失血の防を含んでいて、伝染および病気から直り、保護する傷を加速します。

ソース: http://www.mit.edu/

Last Update: 19. November 2012 04:32

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit