日本の nano 技術 2008 年で表わすべき応用 Nanotech

Published on February 1, 2008 at 1:41 AM

子会社の Applied Nanotech、 Inc. が東京、日本 2008 年 2 月 13 日 - 15 日の 「nano 技術 2008 年」で表わすことをオースティン、テキサスベースの Nano 専有、発表される Inc。 この会議の訪問の追加情報のため http://www.ics-inc.co.jp/nanotech/en/index.html の会議のウェブサイト。

会議で、オオハシカッコウは領域の製品そして技術をの表わします:

センサー

私達は電源変圧器のために設計されている私達の水素センサーおよび 1 つの電池の 10,000 時間まで作動する潜在性と設計され、自国の保安の米国の空軍そして部門のサポートと開発された私達の一酸化炭素センサーのシステム原型によって強調された 5 つのセンサーのプラットホームを表わします。

Nanoelectronics

私達はバルク銅のそれに類似した電気伝導率の特性が付いているインクジェット機で行き、エーロゾルジェット機で行く nanocopper インクのための私達の技術を表わします。

Nanocomposites

大幅に改良された機械特性が付いているナイロン 6 およびナイロン 11 nanocomposites は (CNTs および nanoclays) スポーツ用品を含むいろいろなアプリケーションのための樹脂形式で示されます。

カーボン nanotube の電子放射

カーボン nanotube の電子放射の作業は照明装置 (Mitsui Corporation と共同して働く)、異なったアプリケーションのためのフィールド放出 TV およびいろいろな電子ソースを含んで示されます。 主題に関するハイライトは CNTs を使用して電子放射装置によって放射性ソースを取り替えるために可能性を示す差動イオン移動性センサーの提示 (Sionex Corporation と共に働く) です。

Nanoecology

私達は生物的汚染物の破壊のためのアンデス株式会社を私達の使用を (米国陸軍がサポートする) 示します。 ハイライトは単位および生物的除去の単位を扱う PhotoScrub の空気です。 開発の次の段階はこれらの単位で生物的脅威および病原性のある汚染物の破壊のための空気処理システムとのそれらを統合し近い将来に始めます。

東京の Nano 技術 2008 年は世界の最も大きいナノテクノロジーの展示品そして会議で、 50,000 人の訪問者に引くと期待されます。 展覧会はおよそ 840 のブースおよび 400 の会社が含まれています。 これは応用 Nanotech がこの重要な会議で表わした第 6 連続した年です。

応用 Nanotech はまた 「フィールド放出装置」と資格を与えられるパテントが日本で許可されたことを発表しました。 このパテントは米国 (米国のパテント第 6,064,148) で 2000 年 5 月 16 日現在に最初に出され、また中国および韓国で出されました。 このパテントは保留中の追加日本アプリケーションの日本で、出されるべき会社のパテントの第一号です。 この特定のパテントはカーボンフィルムを使用してエッチングされた基板のフィルムを沈殿させることを含むフィールド放出表示を作る簡単プロセスをカバーします。 このプロセスは増加された収穫で低価格起因し。

「日本の市場ナノテクノロジーのイニシアチブの早い採用のリーダーいままで常にでした」、は Nano 専有言いました、 Inc. のトムの珠玉、議長および CEO を 「資金を供給された研究活動の私達を結合する第 1 で、ナノテクノロジーの概念を具体化することを販売するために有意義な製品を持って来る第 1 の中にあります。 許可してもらうことは日本の私達の最初パテントをです私達の貴重な知的財産の保証の方のマイルストーン世界的に保護されます」。

Last Update: 16. January 2012 23:46

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit