USDCとアプライドマテリアルズは、次世代TFTのための金属 - 酸化膜を開発する

Published on July 3, 2008 at 11:47 AM

米国ディスプレイコンソーシアム(USDC) 、フラットパネルディスプレイやフレキシブルエレクトロニクスのサプライチェーンを開発するとともにチャーター公共/民間のパートナーシップが、今日は、アプライドマテリアルズとのコストシェアリング契約の賞を発表、株式会社は、次世代のための金属-酸化膜 ​​を開発するの薄膜トランジスター(TFT)。オレゴン州立大学(OSU)、透明エレクトロニクスの先駆者は、将来のディスプレイ技術のための重要な改革を実現できるように米国の政府、民間企業や大学での研究を結集し、このUSDC主催のプログラムでは、アプライドマテリアルズのディスプレイ事業グループ - AKTで動作します。

R&Dプログラムは、将来のディスプレイ - に大幅にデバイス性能を向上させ、面積あたりのディスプレイのコストを削減するための2つの主要な課題に対処します。彼らはより高い電子移動度と低い温度処理によるコストを減少させる可能性があるので、新しい金属 - 酸化膜は、次世代パネルのための有望な破壊的な技術の一つです。金属酸化物膜は、OLEDアプリケーション向けにフレキシブルディスプレイやバックプレーンの製造に使用されることが期待されています。

"ディスプレイ産業の急成長は性能とコストの継続的な改善によって駆動され、"Gilad Almogy、グループ副社長兼アプライドマテリアルズのディスプレイや薄膜太陽電池製品グループのゼネラルマネージャーは述べています。 "アプライドマテリアルズは常に業界のリーダーと新興薄膜半導体技術のイネーブラとなっています。私は、さらにデジタル情報表示のための成長しているアプリケーションへの貢献が期待される当社の技術ポートフォリオを拡大、この新たな開発プログラムを起動するにはうれしい。"

"USDCがア​​プライドマテリアルズとOSUのチームは、ディスプレイの製造における基本的な問題を解決するために一緒に働くことを喜んでさ、"博士マークHart​​ney、USDCのCTO(最高技術責任者)はコメントした。 "これは、透明エレクトロニクスの大須の最先端のR&DおよびAKT /アプライドマテリアルズの世界水準の技術開発力を結集し、非常に強力なパートナーシップです。"

"私はディスプレイやその他の革新的な製品の製造のためのソリューションを提供するために、USDCからこの競争力のある入札契約の賞を受け取るにはアプライドマテリアルを祝福、"代表マイクホンダは(CA、15区)だ。 "この賞は、新興のディスプレイアプリケーションのためにシリコンバレーで行われている刺激的なR&Dを表します。アプライドマテリアルズは、カリフォルニア州の経済基盤を強化する技術開発の卓越した歴史を持っています。"

USDCプログラムが完了するために年かかると予想される。追加のサポートは、アリゾナ州立大学の米国陸軍のフレキシブルディスプレイセンターによって提供されます。

Last Update: 4. October 2011 04:07

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit