Posted in | Nanoanalysis

Bruker は Hyperpolarization の量を示すために一義的なベンチトップの NMR 読取装置を導入します

Published on September 11, 2008 at 4:12 PM

2008 年の世界分子イメージ投射議会で、 Bruker BioSpin は HyperQuant (TM)、正確にサンプルの磁気 hyperpolarization、また熱分極の両方量を示すためのベンチトップの NMR 読取装置を導入します。 HyperQuant はタイム領域の核磁気共鳴の (TD-NMR) 分光学、磁気共鳴イメージ投射と同じような技術を適用します (MRI)。

磁気 hyperpolarization は MRI の対照およびソリッドステート NMR の感度を後押しする潜在性の有用な技術であると約束します。 Hyperpolarization はボルツマン熱分極と比較される一桁によって核磁気分極を高める方法を提供します。 現在、 hyperpolarization を DNP (ダイナミックな核分極) および parahydrogen 誘発の分極を含むさまざまなメカニズムによって、達成することができます (PHIP)。 通常、カーボン13 によって分類されるサンプルは優先 NMR 特性のために利用されます。

Bruker BioSpin 新しい HyperQuant のための主アプリケ−ション使用要件は分極の機能拡張の要因が非常に正確に定められる必要があることです。 従って、非常に量を示すことは重大同じサンプルの hyperpolarization そして熱分極の両方です。 専有 HyperQuant は 1 つの ml 低いボリュームを使用して 13C 分類されたサンプルの熱分極の定量化を可能にするために革新的なプローブデザイン (のために適用されるパテント) および新しい NMR パルスシーケンスと結合される一義的な永久マグネットを利用します。 こうすれば、 hyperpolarization の機能拡張の要因は興味のサンプルで別の口径測定の参照によって行かないで、直接そして自信をもって得ることができます。

新しい HyperQuant は hyperpolarization のための新しい MRI か NMR アプリケーションを開発しているあらゆる研究者のための完全で使いやすいターンキー解決を提供します。

Last Update: 14. January 2012 15:50

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit