プリンテッドエレクトロニクスのための3000億ドルの市場には薄膜の電子を介して浮上している

Published on September 11, 2008 at 11:29 PM

市場調査は、提供する彼らの"無機および複合プリンテッドエレクトロニクス2008〜2018"レポートの追加を発表した。

この報告書は、開発または印刷または薄膜電子材料、製造技術または完全なデバイスの製造および統合の機会に関心を持つすべての企業に適しています。それは、半導体、導体、ディスプレイ、太陽光発電など多くののための従来のシリコンを超えて無機の技術を見て。企業プロファイルと予測が与えられている。

プリンテッドエレクトロニクスの将来3000億ドル市場では、薄膜エレクトロニクスを経由して浮上している。これに有機材料の寄与が大きく報道さであり、それはすでに千人以上の参加者を集めている。しかし、開発中の最良のデバイスは、通常少し公表である無機または複合無機/有機テクノロジーに依存しています。これらの無機材料やデバイスを開発するより多くの選択グループは偉大な未来を持っている。

それは多くの場合、有機物が"将来の証拠"であるのに対し、進歩が終わりに近づいているので、無機オプションは、暫定的なものと主張している。何も真実からそれ以上であることができなかった。量子ドットデバイスの10倍移動度トランジスタの半導体の最高の印刷バッテリー、のための非常に優れた電気伝導度とコストと導体、の場合は、新しい無機物に見える。その他の多くの無機とともに、そのような十倍の周波数で、最高の安定性と寿命を持つワーキング柔軟な酸化亜鉛系トランジスタの半導体としてのコスト、導電性と安定性に優れた大きさ、な新しいナノ粒子の金属と合金インクの新たな世界です。材料。読み取り可能な形で一緒にこのすべてを引き出し、世界で唯一のレポートをお読みください。

詳細な予測

有機エレクトロニクスに費やされるものより - 2008年に、それは、複合コンポーネント用無機電子部品材料と無機材料に費やされる金額は8.61億ドルになることが判明した。これの多くは、かなり成熟市場になって - 加熱されたフロントガラス、メンブレンキーボードと回路基板の導体に使用される金属フレークインク、および数十億グルコースセンサーのラベルの使い捨てセンサーが毎年販売。しかし、またこの図では、2008年に衝撃を加えると、電気泳動、エレクトロルミネッセンスとエレクトロクロミックディスプレイ、層状電池やCIGSとCdTeのデバイスなどの薄膜太陽光発電です。

2008年には無機半導体、有機半導体よりはるかに高い移動度のおかげで、既存のRFIDタグの規格に実行できること、RFIDタグ用などのKovioなどの企業から販売が開始されます。

それは2018年に、合計469.4億ドル市場(印刷物および薄膜ディスプレイ、ロジック、メモリ、太陽光発電、電力とセンサーを含む)から、全体としてまたは有機物との複合体の無機成分に費やした金額はなる、ことが判明した約49.3パーセント - 231.5億ドル。これは無機プリンテッドエレクトロニクスおよび関与する企業のための機会の重要性を強調。

135で表や図で、この報告書は批判的にオプション、トレンドや新たなアプリケーションを比較します。それは総合的に、このエキサイティングな成長分野をカバーする世界で初めてです。重点は技術の基礎、実用化とキープレーヤーになります。この報告書は、開発または印刷または薄膜電子材料、製造技術または完全なデバイスの製造および統合の機会に関心を持つすべての企業に適しています。

技術が覆われて

報告書は、他の場所の詳細な企業のプロファイルを利用できません与える無機印刷と薄いフィルムディスプレイ用電子機​​器、照明、半導体、センサー、導体、太陽光発電、電池とメモリを考慮します。範囲はグローバルです - 東アジアからヨーロッパへのアメリカの企業は、このレポートで説明した。完全なコンテンツリストは、このページの下部に表示されます。

このような有機エレクトロニクスとシリコンチップのような他のタイプに関連技術の応用は、明らかに135で表や図にまとめた詳細な情報を、与えられます。

研究バリューチェーンのダイナミクス

いくつかのために、それは問題になります"私は新しい無機物を印字するものとする?"または"私は、有機物がよりよく動作させるものとする?"誰もが同じように飛び降りている。次の図に示すように、確かに選択肢のスペクトルがある。それはほとんど常に金属導体を伴うのでここでは、左側には、しばしば有機基材を含むのと同様に、"有機"の右側を呼び出すに簡素化されています。技術が同居 - それはちょうど中間段階ではない。

このレポートは、それらが突破されないようにするこの技術、選手、機会およびアプリケーションを、理解するすべての編修に不可欠です。

Last Update: 6. October 2011 17:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit