Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

STMicroelectronics は最初に自動車修飾された三軸 MEMS の加速度計を導入します

Published on October 1, 2008 at 8:47 PM

STMicroelectronics の MEMS の各国指導者は、最初に自動車修飾された三軸 MEMS の加速度計を導入しました。 新しい装置は自動車アプリケーションのためにシステムインテグレーターのための競争価格で先端 MEMS の技術を提供するために十分に証明された 200mm ウエファー MEMS の製造機能にてこ入れする AEC-Q100 に、修飾されます。 AIS326DQ の加速度計は消費者の市場一流 MEMS ビジネスからの新しい自動車 MEMS アプリケーションに規模の経済を持って来るために ST の作戦を先導する製品の範囲の第一号です。

AIS326DQ は追跡し、監察し、ブラックボックスシステム、シート制御、運行サポート、そしてアンテナ置く手段アラームのような非安全アプリケーションのための自動車工業の条件を満たします。 その高い柔軟性および険しさはまた頑丈な装置の振動モニタリングのような産業アプリケーションに、か出荷容器の管理および機密保護寄与します。 主要なパーフォーマンスの利点は -40 からの +105 の摂氏温度にすべての 3 本の斧、広い温度較差、および 10,000g 衝撃の残存可能性にユーザが選択できするフル・スケールの範囲をの +/- 2g または +/- 6g 含めます。

複数の機能は 3.3V 単一供給操作、 1.8V 互換性がある I/Os およびマイクロコントローラーへのダイレクト接続をサポートする SPI/I2C のシリアルデジタル出力を含んでデザインで、簡素化します。 12 ビット解像度を使うと、 AIS326DQ は程度の 10 分の 1 小さい傾斜の変更を検出できます。 それ以上の機能はシステム同期を、またユーザー設定可能な慣性の目覚しの簡素化する、データ準備ができたシグナル方向検出および自由落下割り込みモードを含んでいます。 統合された IC インターフェイスは感度および zero-g のレベルのために目盛りが付いている工場で使用をそれ以上の口径測定なしで許可します。 正しい機能性を確認するためにいつでも作動することができる埋め込まれた自己診断ルーチンはまた実行されます。

AIS326DQ は ST の RoHS 対応 ECOPACK を利用する 28 ピン QFPN パッケージで渡されます (R) 技術。 サンプルは 100,000 部分のために $3.75 で Q4 2008 年のためにスケジュールされて大量生産がすぐに使用できます。

Last Update: 14. January 2012 14:53

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit