Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanoanalysis

ブルカーエイエックスエスは、G4のフェニックス燃焼解析システムを発表

Published on October 2, 2008 at 9:35 AM

ブルカーエイエックスエスは、それがブース13302でラスベガスでFABTECHインターナショナル+ AWS溶接ショー2008での拡散性水素の測定、来週のための赤外線加熱炉との新しいG4フェニックス(TM)の燃焼解析システムを起動することを発表しました。

ブルカーエイエックスエス副社長バーナードKolodziejは述べた:"溶接材料の生産者、チューブの工場や製鉄所は、すべて私たちの新しいG4フェニックスの高度な水素分析機能を必要とする。私たちは、火花- OES、燃焼の解析、および蛍光X線(XRF)分光器を含む高性能の金属アナライザ、当社の広範な範囲にこの最先端の機器を追加できるように嬉しく思っています。

ブルカーエイエックスエス副社長ゲオルグシックを追加:"我々のG4フェニックスは、材料とマトリックスの広い範囲に拡散性水素を決定する。 30mmの石英管の直径との迅速な加熱赤外線(IR)加熱炉は、業界標準の溶接試料の詳細な分析とともに、問題もなく最大220グラムまでにも大規模なサンプルの高度な分析を行うことができます。 10種類のボリュームを持つガスの校正ユニットは、シンプルで信頼性の高いキャリブレーションを保証します。 G4フェニックスは高感度で、安定した熱伝導度検出器でも最小の水素の内容の読み取りが可能です。私たちのG4のフェニックス解析ソフトウェアは使いやすく、分かりやすい構成です。溶接試料の典型的な解析時間はわずか驚くべき20-40分です。重要なのは、G4のフェニックスの分析とレポートの形式は、AWS A4.3およびISO 3690の規範の両方に準拠しています。"

FABTECHで、ブルカーはまた、新たな高いパフォーマンスが全体的に増加し、分析の信頼とスピードで、その結果、ハンドヘルド蛍光X線分析装置、高速な分析、よりよい光素子の性能と高い特異性のためにシリコンドリフト検出器(SDD)を搭載した世界初のハンドヘルド合金アナライザをTRACERturboSDデモンストレーションを行います。

Last Update: 8. October 2011 19:23

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit