Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

ナノインクはNanoStemの細胞分裂の発売を発表

Published on January 5, 2009 at 6:04 PM

ナノインク社 、ナノテクノロジーの世界的リーダーは、そのNanoStemの細胞分裂の開始を発表し、新年度始まりました。新部門は、独自のナノパターニングのアプリケーションを介して、ディップペンナノリソグラフィー®技術を差別化された成体幹細胞の信頼性の高い、再生可能なソースを提供します。

博士はハリスジャミル、ナノインクの副社長、幹細胞研究は、新しい部門を見出している。彼は私が科学的研究のこの非常に有望な分野で当社の進歩について非常に興奮しています。我々は、ディップペンナノリソグラフィー®技術を使用して、成体幹細胞の分化を制御できるようになる"、という、高い期待を表明した。その結果、我々れます同種幹細胞の大規模な、再生可能エネルギー源へのアクセス権を持つ製薬およびバイオテクノロジー企業に提供することができます - コンポーネントのスクリーニング、毒性試験、リード候補の検証、および開発の後期段階での有害な転帰を回避するのに貴重な援助"。

最近の研究では、薬剤候補化合物の30%しかが低いため効果が失敗することが示されているが、60%以上が毒性のため失敗します。これは、医薬品開発における現在の高い離職率の根本的な原因です。ジェイムズM.ハッセー、ナノインクCEOは、"ナノインクは成体幹細胞ユーティリティを制限した問題の解決策を持っています。弊社の技術はかなりのコスト削減で、より速く、より効率の良い創薬と開発プロセスにつながる。"コメントアウト今後、彼は"さらに、この技術は、臨床診断の機会を提供し、再生医療の約束を実現に向けて大きな一歩を表す"と付け加えた。

Last Update: 9. October 2011 14:00

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit