Posted in | Nanoelectronics

CPF対応のCadenceの低電力ソリューションにより65nmのWiMAXのデザインの富士通マイクロエレクト​​ロニクステープアウト

Published on January 12, 2009 at 8:30 AM

ケイデンスデザインシステムズ社(NASDAQ:CDNの) 、グローバルなデザインの革新のリーダーは、富士通マイクロエレクトロニクスは、共通パワーフォーマット(CPF)を含む富士通リファレンスデザインフロー3.0を使用して、65nmのモバイルWiMAXの設計をテープアウトしたことを発表しましたが有効になっケイデンス®低消費電力技術。これらの技術の利用は、富士通マイクロエレクト​​ロニクスが88%で、リーク電力を削減し、36%、全体の消費電力を削減することができました。

"CPF対応のCadence社の低消費電力ソリューションは、より省電力と削減ターンアラウンドタイムを、低消費電力設計にバーを上げるために許可されて、"信彦Aneha、富士通マイクロエレクト​​ロニクス(株)のモバイルソリューション部門の副部長は、"言ったこれは私たちのための実証済みのソリューションであり、我々は、他の低消費電力設計のためにそれを展開していきます。"

第一ケイデンスDA SHOW / CDNLiveで富士通マイクロエレクト​​ロニクスが発表した開発、!日本での会議は、ケイデンスの低消費電力ソリューションは、実際の設計のテープアウトに裏打ちされた本質的な生産、品質、堅牢な低消費電力設計ソリューションとして躍進を続けていることを示しています。

ケイデンスの低消費電力ソリューションの技術の数は、結果を担当した。出会いデジタル実装におけるシャットオフフロー自動化された電力は、富士通マイクロエレクト​​ロニクスは、以前の手法に比べて物理的な設計のターンアラウンド時間の約50%削減を達成する助け。 CPFベースのIncisiveの®シミュレーション技術は、富士通マイクロエレクト​​ロニクスは、カスタムプログラミング言語インタフェース(PLIs)を必要とせずに電源遮断機能の論理シミュレーションの実行を許可する。両方のIncisiveと等角低消費電力の検証テクノロジはこの設計のためのシリコンの質の向上に貢献しながら、ケイデンス等角®低消費電力のソフトウェアは、構造と機能検証を通じて低消費電力設計のルールを検証する。

"以来、CPF対応のCadence社の低消費電力ソリューションは、実際の生産設計に提供することができるという、業界で認知を獲得している、"デイブDesharnais、ケイデンスのICデジタル製品のグループのディレクター言った。 "ケイデンスは、富士通マイクロエレクト​​ロニクスの最近の成功した設計のテープアウトの一部であると喜んでいる、そしてその低消費電力設計メソドロジで富士通マイクロエレクト​​ロニクスのサポートを継続します。"

Last Update: 24. October 2011 04:53

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit