Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

アローヘッドResearch社は、カーボンナノチューブの生産能力を統合する

Published on January 27, 2009 at 12:06 AM

アローヘッドリサーチ株式会社(本社:ARWR)がその総株主の議決権の過半数所有子会社、Unidym社、株式会社は、カリフォルニア州のシリコンバレーでの事業の残りの部分と、そのカーボンナノチューブ(CNT)の生産能力を統合するためにはそのヒューストン、テキサス州の操作を終了したことを発表しました。 。この動きはまた、先端材料のアローヘッドの副社長として機能するものUnidym社新任のCEO、マークティリー、博士、によって実装効率を向上させるためにとられた措置のシリーズの最新作だ。

"Unidym社は、我々はダース以上の機関から、基盤となるテクノロジーをロールアップし、三社を買収し、エレクトロニクスとエネルギーのアプリケーションのための高付加価値カーボンナノチューブにおける支配的な地位であると信じるものに構築している、"博士クリストファーAnzalone、アローヘッドの最高経営責任者(CEO)は語った。 "ロールアップのこのタイプの課題は統合であり、そしてカリフォルニアの統合CNTの生産は2007年に買収されたヒューストンベースのカーボンナノテクノロジー、(株)、ののUnidym社統合の完了を表します。"

統合の一環として、Unidym社はまた、優れたタッチパネルとLCDメーカーとの継続的な共同開発契約を提供するために、そのフォーカスを研いている。のUnidym社のCNTの生産活動は、今や単にそのCNTインクおよび電子産業用フィルムのために必要な材料の独自の高品位を生成することを目的としています。 Unidym社は、非中核市場のためのCNTの他のグレードの生産から値を抽出するためのライセンスプログラムを拡大しています。

"工場閉鎖のタイミングは我々の施設の転貸の有効期限に基づいていたが、バレーに統合するという決定は、当社の事業開発の統合を含む長期的な配慮によって駆動され、私たちの商業的なランプの間に同じ場所でR&Dと生産チームアップおよび改良されたコスト構造、"博士はティリーは言った。

Unidym社は、エレクトロニクス産業用カーボンナノチューブベースの透明導電性フィルム(TCFS)のリーダーです。 TCFSは、タッチパネル、ディスプレイ、および薄膜太陽電池などのデバイスの重要なコンポーネントです。例えば、タッチパネルや液晶ディスプレイの両方は、通常、デバイスごとに2つのTCF層を採用しています。耐久性向上、低処理コスト、そしてより低い全体的なコスト構造:のUnidym社TCFSは、を含むインジウム系金属酸化物を、現職の技術上の実質的な利点を提供します。

Last Update: 5. October 2011 08:11

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit