Shimadzu Scientific Instruments logo.

粉および粒度の検光子 - 島津からの SALD-7101

粉および粒度の検光子 - 島津からの SALD-7101

SALD-7101 粉および粒度の検光子は 375 nm の紫外線半導体レーザーを採用する世界の第 1 です。 これはナノテクノロジーおよび生命科学の研究開発のための大きい新しいツールを提供します。

機能

SALD-7101 粉および粒度の検光子の機能は下記のものを含んでいます:

  • 検出の 10 nm の低限
    検出の前に届かない 10 nm の低限は紫外線レーザーを扱うために最新の生産プロセスによってとりわけ作成される高感度ライト受容器から成っている世界最初 375 の nm 波長の紫外線半導体のレーザー光線ソースおよび軽いセンサーの組合せによって達成されます。
  • 複数の PPM からの 20% への測定の集中
    他の器械と比較されて、 SALD-7101 は複数の PPM からの 20% に集中の非常に広い範囲を渡る測定を可能にします。 粉体、特に nanoparticles の粒度は集中と、変わります。 集中を変えている間 nanoparticles の分散そして凝固は観察することができます。
  • 1 第 2 最小の測定回目
    測定の時間の間標準設定は 10 秒でしかし最低 1 第 2 に減ることができます。 粒度分布は 1 第 2 間隔のリアルタイムに表示することができます。 この機能は切換えおよび広角の検出方法を必要としない単一の光源の使用によって許可されます。
  • スリット光学系
    単一の測定法を使用して全体の範囲上の継ぎ目が無い測定、単一の光学系は、および光源を選抜します。 スリット光学系は単一の検出の平面の 60° までで絶えず前方分散させたライトを捕獲します。 正確な粒度分布の測定は器械がデータで不連続を作成する多重光学系を織込んでいないので、単一の標準を使用して全体の測定の範囲を渡って可能です。
  • ソフトウェア
    Windows 2000 /Xp のための WingSALD-7101 は簡単で、速い操作能力といろいろデータ処理機能を結合します。 ソフトウェアは 3 つの 「翼」に (サブプログラム) 異なった目的に適するために処理の条件分けられ。

Other Equipment by this Supplier