Posted in | Nanoanalysis | Nanobusiness

JPK の器械は日本の最初オフィスの開始を発表します

JPK の器械、世界一流の製造業者および生命科学の研究のための nanoanalytic 器械使用の柔らかい問題は、国マネージャとして Nobuhiro Saito の任命とともに日本の最初オフィスの開始を発表するために喜びます。

Nobuhiro Saito、 JPK の新しい日本の販売部長。

日本の高められた機会を提供していて成長市場が JPK の器械は東京の琴ku 地区のオフィスを開き、国マネージャとしてベテラン AFM の専門家を任命しました Nobuhiro Saito。 Saito 氏は電気工学の部門からの程度との 1997 年に東京理科大学を卒業しました。 それ以来、装置製造業者を使用の後で、彼は器械使用の彼の技術をように AFM を専門にしている Toyo Corporation のためのセールスエンジニア開発しました。

構成への Saito、 JPK のゲルト Behme、汎用販売部長歓迎する氏は彼がの開発を見ること日本の販売そして支援チームを楽しみにしていることを言いました。 「Saitoh サン非常に専門的ので働くことによって豊富経験を持って来、運転されるアプリケーションは販売し、彼が」。は私達との彼のキャリアを続けることを選択したことを私達は幸せです JPK の器械の目的は取扱っている nanoscale で顧客を最もよい器械に問題および彼らの必要性にナノテクノロジーのツールの世界および生命科学アプリケーションの連結によって最先端の技術および一義的なアプリケーション専門知識に最もよいサービスを提供することです。 製品範囲はとりわけ設計されている AFM から ForceRobot® の分子レベルで力の相互作用を調査するために生物アプリケーションが世界の最初統合された光学ピンセットのプラットホーム、 NanoTracker™および自動化されたプラットホームのような刺激の新しい器械を含むことができるように育ちました。

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit