調査するのに NanoSight を使用している研究者は薬剤配達のための Polymer/DNA の粒子を自己組み立てました

生体医用工学、ジョーンズ・ホプキンス大学の医科大学院の部門は薬剤配達のための自己組み立てられた polymer/DNA の粒子を調査するのに NanoSight LM10-HS システムを使用しています。

生体材料の先生の緑のヨルダン主要な研究の興味および薬剤配達実験室は細胞工学および nanobiotechnology にあります。 粒度の知識は異なった薬剤の投射手段の性格描写の特定の値です。 持っていることはダイナミックな光散乱の技術、先生 Green および彼のチームを使用して前の経験をまた今 NanoSight からの nanoparticle の追跡の分析の補足の技術を使用します。 NTA は多分散系の動作をサンプルに洞察力に特にそれら与えます。

NanoSight LM10 を使用して JHU のヨルダンのグループの NanoSight LM10 Nupura Bhise を使用して JHU のヨルダンのグループの Nupura Bhise

実験室は粒子の粒径分析のための EMCCD の高い感度のカメラそして 404 nm レーザーが装備されている NanoSight LM10-HS システムを選択しました。 典型的な調査では視覚分析の Windows におよそ 30-60 の光散乱の中心があったことレベルにサンプル集中を合わせるために、粒子の解決は DI water でそのような物薄くなりました。 各々の個々の粒子のブラウン運動の追跡を含んでいる 60 本の第 2 映画は記録されました。 映画はサンプルごとの最少の 250 の粒子トラックの検出を可能にするために処理されました。 NTA の分析は粒度、また絶対粒子の集中の直接番号平均された分布を与えます。 粒子の平均、標準偏差およびモードはそれから計算されます。

この方法では、各々の個々の粒子は独自に直接番号平均された平均が計算することができるように大きさで分類されます。 各粒子が数えられると同時に、番号分布のモード、かピークはまた、計算することができます。 monodisperse の粒子の人口のために、 DLS および NTA は両方粒度のための同じ値を測定しました。 ただし、 NTA は多分散系だったサンプルのピーク間の良い区別を可能にしました。 重合体の nanoparticle の分布の均等性はポリマーターミナルグループのポリマー構造の特性、特に、であると考えられ。 ポリマーターミナルグループへの変更はまた劇的に第 2 のこれらの nanoparticles および 3D セルシステムの遺伝子配達効力を変更すると見つけられました。

「私たちの知る限りでは、これが最初に NTA が自己組み立てられた polymer/DNA の粒子のために使用されたことであると先生緑は言いました。 私達の結果は特に従来の DLS の分析と結合された場合」。ユーティリティを強調します、

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit