カーボンデザイン革新 (CCHR)からのカーボンコア高解像 AFM プローブ

カーボンデザイン革新 (C|D|I) カーボンコア最大解像度、イメージ投射寿命および安定性 (AFM)の CNT のプローブに終って特許を取られた (CNT)技術とそれ以上の処理されてそして安定させてであるコアカーボン nanotube との高解像のプローブ (CCHR) 原子力の顕微鏡検査の開始。

CCHR 高解像 CNT AFM のプローブは度量衡学および物質科学アプリケーションの詳しいイメージ投射のために設計されています。 標準 CNT のプローブの長さは露出された CNT の先端との 500 nm、です <200 nm="">

カーボン Nanotube の (CNT)プローブは従来のケイ素のプローブより強く物質的な特性を提供できます。 CNT のプローブはケイ素が大きいを可能にをより 10X より長いイメージ投射寿命厳密に調べる程に壊れやすくないし、急速に身に着けていません。 CCHR のプローブに本当の multiwalled カーボン nanotubes あり (MWCNTs)、しっかりイメージ投射表面に、そして常態が取付けられ、完全にまっすぐな。 C|D|プローブのための I 使用 MWCNTs はプローブを保障する非常に堅いです。 C|D|I 専有プロセスは片持梁にしっかり CNT を接続し、 CNT がしっかり取付けられることを保障するために基礎接続機構を補強します。 C|D|I 技術は CNT の先端および安定性のすべての利点およびケイ素の片持梁の精通度のプローブの製造を可能にします。

利点

  • 標準片持梁の安定させた、強い CNT のプローブ
  • ケイ素の片持梁の便利との高解像 CNT の先端
  • より長い寿命は解像度の損失無しで同じプローブとユーザーを比較しますサンプルを可能にします
  • 減らされた破損、摩耗および汚染
  • 精密な長さ、直径および角度は一貫したプローブにプローブの結果を提供します

機能

  • CNT の直径 <40nm>
  • 全面的な CNT の長さ: <500nm>
  • 専有安定コーティング
  • ケイ素の厳密に調べるイメージ投射 lifetime10X
  • 12KHz および 70KHz 片持梁 CCHR の片持梁特性と使用できる
  • 湾曲の半径 <10nm>
  • アスペクトレシオの 100:1
  • 角変位 < 2="">
  • 使用できる可変的なばねの定数

Other Equipment by this Supplier