CRAIC の技術による伝達 Microspectroscopy を使用してフラットパネル LCD 表示のためのカラーマスクの分析

トピックのリスト

背景
フラットパネルディスプレイおよびモニタ
Microspectral の分析を使用して検査ピクセルにピクセル変化
実験
結果
伝達 Microspectroscopy による赤いピクセルの分析
伝達 Microspectroscopy による青いピクセルの分析
伝達 Microspectroscopy による緑ピクセルの分析
結論

背景

CRAIC の技術は微視的分析のための紫外線目に見えるNIR 範囲の科学器械の開発者を導く世界です。 これらは助けるように設計されている QDI シリーズ紫外線目に見えるNIR マイクロ・スペクトル光度計の器械を非有害測定顕微鏡のサンプルの光学的性質含んでいます。 CRAIC の UVM シリーズ顕微鏡は紫外線、目に見える NIR の範囲をカバーし、目に見える範囲を越えるミクロ以下の解像度とずっと分析するのを助けます。 CRAIC の技術にまた顕微鏡のサンプルの非破壊的な分析のための CTR シリーズラマン microspectrometer があります。 そして CRAIC が得意気に無比のサービスとサポートが付いている私達の microspectrometer および顕微鏡の製品を支持することを忘れないで下さい。

フラットパネルディスプレイおよびモニタ

液晶表示装置に基づくフラットパネルのモニタは、ほとんどここ数年間の世界市場に爆発しました。 フラットパネルはカラーマスクによって層になる光源から成っています。 カラーマスクがスクリーンでカラーを生成するのに使用され、赤く、青および緑ピクセルから成っています。 microspectrometers の出現まで、個々のピクセルの量的な品質管理は不可能でした。 ただし、マイクロ・スペクトル光度計はピクセル内のミクロ以下領域を分析できます。 これらの器械によってピクセルからのだけピクセルに変化を各ピクセルの内にあるまた変化を調査することは今可能ですが。 これはカラーマスクのために可能である品質管理のレベルそして細部を非常に改良します。

Microspectral の分析を使用して検査ピクセルにピクセル変化

このペーパーでは、私達は伝達 microspectral 分析によってカラーマスクのピクセルにピクセル変化を探索します。 このペーパーは個々の赤いピクセル、緑ピクセルおよび青いピクセル間に変化があることを示します。 全体的にみて、これらの変化は大きくないですが、そこにある遠く隔った結果カラーマスクへの製造業または損傷の欠陥が原因であるあります。 これらの欠陥は顕微鏡の下で肉眼に目に見えない、し、フラットパネルのモニタからのカラーの品質をもたらすことができます。 ただし、そのようなマイナーなカラー変化はマイクロ・スペクトル光度計によってしか量を示すことができません。

実験

カラーマスクの 10 の赤、 10 の緑および 10 の青ピクセルは互いに比較されました。 準備は分析に必要となりませんでした。 このペーパーで記述されているすべての解析技法は非破壊的、非常に使いやすいです。

分析に使用した器械は CRAIC の技術からの QDI 202™の紫外線目に見えるNIR 顕微鏡の分光光度計、 Altadena、カリフォルニアでした。 図 1. を見て下さい。 この器械は 350 に 900 nm のスペクトル領域を備えています。 いずれの場合も 50 のスキャンは平均されました。 器械の口径測定は NIST のとまた CRAIC の技術の製品である追跡可能なマイクロ・スペクトル光度計の標準、 Altadena、カリフォルニア点検されました。

図 1. QDI 202™の顕微鏡の分光光度計。

結果

マスクは赤く、青および緑ピクセルから成っていました。 ピクセルマスクはガラスシートの間で全体の構造が近い紫外線、目に見えるおよび NIR から microspectroscopy 伝達によって分析できるのは密封されたからです。 図 2. を見て下さい。

分析されるカラーマスクの図 2. 赤い青および緑ピクセル。 中心の黒い正方形は QDI 202 の顕微鏡の分光光度計の開口です。

伝達 Microspectroscopy による赤いピクセルの分析

赤いピクセルは 350 から 900 nm まで分析された最初のシリーズでした。 図 3. を見て下さい。 各ピクセルの中心 10x10 ミクロン領域は転送方式で分析されました。 各映像の中心の黒い正方形はマイクロ・スペクトル光度計の開口です。 開口の下の領域はスペクトルにより分析されるものがです。 赤いピクセルは赤く、近い IR 領域で送信している間紫外線、青、および緑領域のすべてのライトを吸収します。 モニタの赤いピクセル色相の変化で起因する各ピクセルのスペクトルの赤い領域に微妙な変化がありました。

図 3. 無作為に選ばれる 10 の赤いピクセルの伝達 microspectra。

伝達 Microspectroscopy による青いピクセルの分析

次の一連のスペクトルは青いピクセルからありました。 再度、 10 のピクセルの中心 10x10 領域は分析され、比較されました。 見ることができるように 464 nm に集中する強い伝達があります。 示されているように、このピクセルは目に見える範囲の残りのほぼどれも許可している間 400 から 500 nm までほとんどすべての青いライトを送信しません。 分析された 10 のピクセルの最も強いピークの全面的な強度にマイナーな変化だけありました。 これは実際に多くピクセルのカラー自体に完全に影響を与えません。 またこれらのピクセルの光学濃度が赤か緑より大いに高いことしかし器械が容易に優秀なダイナミックレンジによるスペクトルを解決できることに注目して下さい。

図 4. 無作為に選ばれる 10 の青いピクセルの伝達 microspectra。

伝達 Microspectroscopy による緑ピクセルの分析

最終的な一連のスペクトルは緑ピクセルでした。 同じサンプリングプロシージャは 10 の緑ピクセルに適用されました。 比較はどのように視覚で現われたか着色剤の集中およびこれの変化が影響を与えることを示します。 このマスクを使用しての緑そして黄色の変化に表示導きます。

図 5. 無作為に選ばれる 10 の緑ピクセルの伝達 microspectra。

結論

時々肉眼またはビデオによって基づく技術によってカラーマスクで使用されるピクセルの微妙な相違を調査し、区別することは非常に困難です。 これらの方法によるカラー相違の決定はさらに検査官、照明、土台媒体、光学、等の物理的条件を含んでいる多くの実験変数に応じて、検査官検出しませんカラーまたは追加ピークの微妙な変更をあります。 マイクロ・スペクトル光度計は差別的な力の多くの高レベルの提供に加えて測定からこれらの変数の多数を除去します。 さらに、この方法はピクセル内のカラー変化の比較自体を可能にします。

このペーパーの目的はフラットパネルカラーマスクで伝達に見つけられる分光特性を示すことです。 、ピクセルからのピクセルに再現性はここに示されているように中心 10x10 ミクロンが見本抽出されるが、顕微鏡の分光光度計がピクセルにピクセル変化を検出それでもできるときかなり高いです。

一次著者: ポール・マーティン先生
ソース: CRAIC の技術による伝達 Microspectroscopy によるフラットパネルディスプレイのカラーマスクの品質管理。
このソースのより多くの情報のために CRAIC の技術を訪問して下さい

Date Added: Apr 28, 2008 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 18:00

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit