Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Technical Sales Solutions - 5% off any SEM, TEM, FIB or Dual Beam
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanomaterials
Related Offers

調査は原子システムの疑似結晶段階の形成に洞察力を提供します

Published on January 11, 2010 at 6:33 PM

Nanoparticles に定期的な構造を形作る強い傾向があります。 2 つのタイプの nanoparticles の組み合わせはイオンまたは金属間化合混合物に isostructural 二進 nanoparticle の超格子の形成を可能にします。 定期的な超格子に加えて、ほぼ球形の nanoparticles の二進混合物は疑似水晶の成長の原因となることができます。

二次元の dodecagonal 疑似結晶の構造を示す TEM は 5 nm Au および 13.4 nm Fe3O4 nanoparticles から自己組み立てました。

Nanobio の Argonne CNM のスタッフはシカゴ大学からの同僚とともにグループを、インターフェイスさせ、二次元の dodecagonal 疑似水晶が 3 nm Pd の混合物でおよび 9 nm PbS の 5 nm Au および 13.4 nm Fe2O3 形作ることができる、および 4.7 nm Au および 12.6 nm Fe3O4 nanoparticles 分りましたことがペンシルバニア大学は。

疑似結晶の nanoparticle の上部構造の自己アセンブリの調査は原子システムの疑似結晶段階の形成に洞察力を提供します。 異なった nanoparticle の組合せからの dodecagonal 疑似結晶段階のアセンブリは疑似結晶の命令が nanocrystal 固体のかなり共通現象である場合もあることを示します。

より多くの情報: 「自己組み立てられた二進 nanoparticle の超格子の疑似結晶順序」、 D.V. Talapin、 E.V. Shevchenko、 M.I. Bodnarchuk、 X. Ye、 J. 陳、および C.B. マレーの性質 461、 964-967 (2009 年 10 月 15 日)、 doi: 10.1038/nature08439

Last Update: 13. January 2012 06:26

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit