Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanomedicine | Nanomaterials

足場の勾配: 成長のセルのための右の環境を見つけること

Published on May 25, 2010 at 7:38 PM

人々に頻繁に彼ら自身のためのマットレスの 「右の」堅固の強い意見があり、結局、あるセルタイプにサポート構造のための同じような好みがあります。 ここで国立標準技術研究所 (NIST) および健康 (NIH) のある各国用協会からの調査チームはセルにそれらがどこに最もよく成長するか定めるために剛さのある程度の広い範囲に変わる三次元足場を提供する方法を開発しました。

最近出版された technique* は急速に 3D いろいろ潜在的なティッシュ置換療法のための特定のセルタイプの進化の必要性を満たすためにセル成長媒体を最適化する方法です。

骨細胞を培養するために NIST で準備される実験ヒドロゲルの足場ははっきりゲルの剛さへの骨の鉱化の依存を示します。 沈殿させた鉱物は完全に漸進的により堅い勾配のゲルの底でより密です。 ストリップはおよそ 1 X 6 cm です。 (重点のために追加されるカラー。) 信用: Chatterjee、 NIST

ティッシュ工学は身体のティッシュ皮、骨、軟骨、血管を育てるか、または再生するために方法を開発している比較的新しいフィールドです多分 1 日が全器官に傷害か病気によって傷つくそれらを取り替える。 フィールドの主挑戦の 1 つは望ましいティッシュに増加し、成長する間、適切な三次元 「足場をティッシュの祖先のセルを保持し、育てられ、サポートされるように許すできる」、人工的な材料開発しています。 きちんと成熟し、区別することセルが頻繁に 3D 環境で成長する必要があることを示しました研究して下さい。

柔らかい接触の使用のためによく知られたヒドロゲル最もはティッシュの足場のための有望な材料レンズです。 それらは水と膨れるポリマー鎖の緩いネットワークから成っています; 実際は、ボディのティッシュの大半のよう、それらは大抵水です。

しかし、ヒドロゲルで決定している NIST 材料の科学者をですちょうど始め言います Kaushik Chatterjee。 「今これらのゲルを、どのような特性がほしいです持っていますか。 何どんなティッシュ私達のケースの後にであるの最もよい種類を、骨得ますか。 私達は剛さにセルが環境の剛さの変更に感じ、答えるために」。知られているので焦点を合わせました

これをテストするためには、調査チームはゲルの剛さがサンプルの 1 つの端から他にスムーズに増加するところで、生物医学的な研究、 PEGDM で使用された典型的なヒドロゲルのサンプルを作成するように方法を ** 開発しました。 混合物のスムーズにさまざま可能な組合せを同時にテストするさまざまな勾配を使用してこのアプローチは、組合わせのスクリーニングと呼出されます。 NIST はいろいろな材料問題の *** のためのそのような技術を開拓しましたが、この研究はティッシュ工学のための 3D 足場へ組合わせのスクリーニングの最初のアプリケーションの 1 つです。 チームは PEGDM のゲルと骨混合された構築に責任があるマウス osteoblasts セルの技術をテストしました。 興味深いことにセル残存率がテストストリップのより柔らかい端により高かったの方に漸進的により悪くなって手段どれだけうまくのであり、より堅い端、細胞分化および鉱化のセルが骨のティッシュに実際に成長するが、逆をしました。 少数のセルは堅いゲルで存続しますが、セルは建物の骨で大いにアクティブです。 結果は、当然、 osteoblasts に特定、言う Chatterjee をであること、 「これらは骨細胞であり、堅い環境もっとよりより柔らかい物、あなたを好むようです神経細胞と同じような何かを適用できより柔らかい物をもっと好むかもしれません」。

さらに、研究者のノートは、ゲルの剛さの勾配ティッシュの鉱化の一致の勾配を誘導しました。 これは可能性としては重要です、彼らはティッシュの勾配が頻繁にインターフェイスにの、例えば、歯または靭帯自然に発生する、従って 3D 足場の勾配が再生薬のための等級別にされたティッシュを設計するための貴重なツールであることができるので、言います。

研究は NIST および NIH によってサポートされました。

Last Update: 12. January 2012 01:01

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit