Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

Agilentは、マイクロクロマトグラフィー技術に基づいてタンパク質精製のためにブラボーを発表

Published on February 2, 2011 at 5:11 AM

アジレントテクノロジー(NYSE:A)は本日、AssayMAPブラボーのプラットフォームとタンパク質精製カートリッジ、ハイスループットのタンパク質サンプル調製および精製のための完全に自動化されたソリューションの立ち上げを発表した。

AssayMAPプロテインマイクロクロマトグラフィー技術を搭載したAgilentブラボーのクラス最高の液体ハンドリングを組み合わせて、タンパク質精製のためのブラボーは、目的とする抗体の、迅速、正確で高度な並列マイクロスケール精製を可能にします。この統合ソリューションにより、顧客は直接力価アッセイまたは下流の特性評価および処理アプリケーションに使用できる高純度のサンプルを生成することができます。

AssayMAPプロテインマイクロクロマトグラフィー技術を搭載したAgilentブラボーのクラス最高の液体ハンドリングを組み合わせて、タンパク質精製のためのブラボーは、目的とする抗体の、迅速、正確で高度な並列マイクロスケール精製を可能にします。

"この打ち上げは、サンプル調製、さまざまなアプリケーション用の完全なソリューションを提供し、顧客が彼らの生物製剤のパイプラインを進めるために、ビジネスクリティカルなデータの生成に専念できるように、アッセイの開発と検証、貴重な時間を節約、"ニティンSood氏、Agilentの自動化ソリューションのゼネラルマネージャ分裂。 "AssayMAPブラボーとタンパク質精製用カートリッジは、興味のあるタンパク質の合理化、正確な精製を必要とする人生物製剤の発見と開発の方に最適です。"

タンパク質精製のためのブラボーは、結果に使用すると速度の時間の開始サンプル量を削減する96チャンネルマイクロプレートフォーマットで使い捨て、5マイクロリットル充填層AssayMAPカートリッジを使用しています。標的タンパク質を含む一般的なさまざまなソースから精製することができる。

  • 細胞培養上清
  • 細胞培養のライセート
  • ハイブリドーマ培養
  • タンパク質発現システム

タンパク質精製のためのAssayMAPブラボーは、ハードウェアやソフトウェアだけでなく、Agilentから直接利用可能な機器で使用されているカートリッジで、完全にサポートされているシステムです。

タンパク質精製のためのブラボーは、2月に順番に利用できるようになります。

ソース: http://www.home.agilent.com/

Last Update: 5. October 2011 09:04

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit