Posted in | Nanomaterials | Graphene

Penn の研究者は新しい Graphene の生産技術のための革新隊賞を受け取ります

Published on October 13, 2011 at 2:24 AM

カメロンシェ著

ペンシルバニア大学の研究者のチームは (NSF)商業的に使用することができる認識し、リンクを企業家のリソースに研究者に与える研究活動を全米科学財団の革新隊賞を獲得しました。 賞は $ 50,000 の賞金と伴われます。

調査チームは、ミハエルパターソン、 Wharton 管理 MBA プログラムのメンバーおよび Zhengtang ルオ、ジョンソンの実験室の博士研究員ペンシルバニア大学で芸術および科学の学校の物理学そして天文学の教授として役立つチャーリージョンソンから成り立ちます。 技術移転のための大学の成り上がりプログラムはそして中心はそれらが協力することを可能にしました。

成り上がり者は、ペンシルバニア大学のプログラム大学で開発される技術の商業化を可能にします。 成り上がり者は NSF 賞プログラムに加わるために Graphene のフロンティアと名前を挙げられた、またそれサポートされた新興企業を確立するようにチームを助けました。

家電からの科学的な装置への Graphene の発見のアプリケーションしかし既存の生産技術は graphene の小さい薄片だけを一度に製造できます。 Graphene のフロンティアの技術は経済的、より信頼でき、大気圧および室温で大きい graphene シートを作り出すことができます。

ルオはこの技術を使用して、 graphene が大気圧で製造されたである場合もあるので簡単な方法のそして低価格の graphene を作り出すことができることを示しました。 全面的な製造システムは簡単です、経済的およびより多目的と、彼は言いました。

賞プログラムの一部として、調査チームは技術の開始によって直面する障害を扱うために短期集中コースに加わるスタンフォード大学で行なわれるべき NSF の研修会に加わります。 それらにまた将来投資家と働き、 2012 年の間に NSF によってビジネスセミナーを行なうチャンスがあります。 成り上がり者はこのプロセスの間に Graphene のフロンティアに連続的なサポートを提供します。

ソース: http://www.upenn.edu

Last Update: 27. June 2014 07:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit