Posted in | Microscopy | Nanoanalysis

カールツァイス SMT のショーケース顕微鏡検査展覧会の SEM の新しいクラス

アルバカーキで、ニューメキシコ保持される、顕微鏡検査でおよび微視的分析会合および展覧会カールツァイス SMT は SEM の新しいクラスをもたらしています: シグマ。 使い易さおよびクラスの一流の X 線および解析幾何学のための高まる顧客需要は製品が開発されたときに注目を集めました。

SEM の新しいクラスは一義的なジェミニ技術に集中しました: シグマ。

カールツァイスからの一義的な、証明された GEMINI® の技術を特色にするシグマは機能をフィールド放出顕微鏡からの顕著なイメージ投射そしてすべての材料のタイプを扱うために分析的な結果に与えます。 高リゾリューションの物質的な分析はエネルギーおよび波長の分散分光学両方にクラスの一流の X 線の幾何学によって提供されます (EDS および WDS)。

シグマは高い 250 までの mm の直径および 145 の mm の標本を扱うことができます。 なお、同一平面上の区域デザインは同時 EDS および電子 backscattered 回折 (EBSD) に理想的な幾何学を提供します。

分析的なアプリケーションのための市場一流フィールド放出デザイン、提供の無比の使い易さ、すばらしい低電圧イメージ投射および超安定したプローブの流れとして GEMINI®。

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit