ダイナミックな光散乱の Malvern 著製造者データを使用して副ナノメーターの粒度の測定

カバーされるトピック

ダイナミックな光散乱および粒度の測定
     光散乱に影響を与える要因
ケーススタディ - コレステロール
     使用される装置
     サンプル準備および測定
     例および結果
結論

ダイナミックな光散乱および粒度の測定

原則的には、 1nm の下のどの 「小さい」粒子でも、 DLS 方法を使用して、測定することができます。 必要となるすべては測定ボリュームの番号 f 粒子が番号変動を抑制して十分であること、粒子自由に拡散します、そしてこと粒子が十分なライトを分散させるです。

光散乱に影響を与える要因

分散するライトの量は粒子の相対的な屈折率の機能か分子および分散剤です。 検出ボリュームの粒子の番号は補助的な 10nm 粒子との問題でまずないです。

ただし、そのような小粒子のため、分散させたライトのレベルは通常高い濃度で非常に小さい、であり、最も敏感な器械だけこの範囲で DLS の測定を行うことができます。 Malvern HPPS に使用できる最も敏感な DLS システムである要求があり、副ナノメーターの粒子のサイジングは範囲の内にあります。

ケーススタディ - コレステロール

感度をテストするために選択されたサンプルはメチルエチルケトンのおよそ 20mg/ml にコレステロールでした。

使用される装置

Malvern HPPS のコレステロール、 1,2 メチルエチルケトン、スポイト/0.2ìm のスポイトフィルター、正方形のガラスキュヴェット、 375ìl サンプルボリューム。

サンプル準備および測定

100mg コレステロールは 5ml によってガスを抜かれたきれいで、ほこりのないガラスキュヴェットに 0.2ìm のスポイトフィルターを通して、フィルタに掛けた 1,2 メチルエチルケトンおよび結果として生じる解決で分解しました。

キュヴェットは Malvern HPPS に挿入され、 50°C. でサンプルの熱平衡を保障するために 30 分は経過する認められました。 このピリオド後で、 120s 持続期間の測定は行われました。

例および結果

相関関数 (図 1) ははっきり小さいコンポーネント (a) による短い時間の変動を明記するより大きい材料の存在を明記する少なくとも 2 つの斜面およびより遅いコンポーネント (b) を示します。 これらのより遅い変動はメチルエチルケトンの溶媒でより速いコンポーネントは不在だったが自分自身で測定されたとき見ることができます。

図 1. ダイナミックな光散乱を使用して Malvern HPPS 著測定されるコレステロールの粒度分布。

これは速いコンポーネントがコレステロールが原因であることを、示しました 0.64nm として計算されて流体力学の直径が。

重量の分布が計算されるとき期待どおりに、コレステロールは支配のコンポーネントです。 1,2 のコレステロールの流体力学の直径のための文献値間 - メチルエチルケトンは容易にありません、分子量と流体力学の直径間の簡単な関係を使用して計算されたときここに測定される粒度は期待される値の近くに来ます。

結論

Malvern HPPS の非常に高い感度はコレステロールの分析によって示されるように解決の副ナノメーターの粒子そして分子のサイズの測定を、可能にします。 この実験から得られるカウントのレートは低い集中で 10mg/ml が実行可能であると測定を明記します。

ソース: 「ダイナミックな光散乱のコレステロールを使用して副ナノメーターのサイズの粒子、 MW 387Da の測定」、 Malvern の器械によるアプリケーションノート。

このソースのより多くの情報のために Malvern の器械株式会社 (イギリス) または Malvern の器械 (米国) を訪問して下さい。

Date Added: Apr 18, 2005 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 01:30

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit