ナノテクノロジー材料および装置 - Nanotech IP のセクターの主要な傾向の概要 -- の特許を取ります

カバーされるトピック

背景

3 つのタイプのナノテクノロジーのための領域の特許を取ること

出現のナノテクノロジーの早くそして頻繁に特許を取ることの魅力

違いは何のナノテクノロジーの特許を取ることおよび人間工学の特許を取っていますか。

背景

ナノテクノロジーが 「人々が」。着手で基本的アイデアの特許を取り始めた世紀の最初の新しいフィールドであることをスタンフォード大学の法学教授マーク Lemley は主張します 20 世紀の他のほとんどの主要な可能になる技術と対照をなして (コンピュータ・ハードウェア、ソフトウェア、インターネットおよび人間工学のような)、 Lemley を書きます、ナノテクノロジーの基本的アイデアそして基本的なブロックは 「既に特許を取られるか、または特許を取られることを終了するかもしれません」。 等のグループはツールを可能にするバイオテクノロジーの基礎が前もって特許を取られなかったこと Lemley の眺めを共有しません - 私達はナノテクノロジーの基本的アイデアおよびブロックが早くそして頻繁に特許を取られている彼の意見を共有しますが。

3 つのタイプのナノテクノロジーのための領域の特許を取ること

nanotech 競技場では、それは基本的な可能になるツールの、 nanomaterials 自身の特許を取るのちょうど機会およびそれらを作成方式使用される製品特許を取る機能ではないですが。 米国のパテント及び商標のオフィスで、 3 つの一次タイプのパテントの要求があります:

      要求 (すなわち、 nanotubes、 nanowires および nanoparticles のような nanomaterials) 合成物;

      装置、器具またはシステム要求 (を含む、 nanomaterials を織込んでいる nanomaterials - か装置を特徴付け、制御するのに使用される例えば、ツール);

      方法要求 (nanomaterials を総合するか、または nano スケール装置を組み立てるためのプロセス)。

出現のナノテクノロジーの早くそして頻繁に特許を取ることの魅力

Nanosys、 Inc. のラリーのボックビールの CEO は、基本的な nanotech のパテントの強化によって有利な立場を占められますの一生に一度の魅力を説明します: 「私を 3 年前にこの全領域について刺激されて得た主事の 1 つはあなたが 1 IP のポートフォリオ以下合成物のような事からの最も簡単な機能装置終わりのアプリケーションにに IP をすべて制御できる IP の観点からのそれです。 それは頻繁にキャリアに来ません」。

違いは何のナノテクノロジーの特許を取ることおよび人間工学の特許を取っていますか。

Nanomaterials は元素または混合物より少しより 100 nm です。 量子物理学を利用して、 nanotech の会社は今までに一度も実際のところ識別される全く新しい特性があるかもしれない新しい材料を設計しています。 nanomaterials および装置を作成するための 「原料」は周期表の元素 - すべてのブロック - 住んでいる無生存両方です。 人間工学のパテントが生物的製品で要求をおよびプロセスする一方 - ナノテクノロジーのパテントは元素に、またそれらを組み込む装置および混合物正確に要求杭で囲うかもしれません。 nano スケールの技術によって問題は人生ののしかし性質すべてのちょうどパテントではないです。 つまり、原子レベルの製造業は両方の広範な独占制御に新しい機会を活気づけます無生物の問題提供し。 要するに、 nano スケールで特許を取ることは生命を可能にさせる基本的な要素を独占することを意味できます。

注: 参照の完全セットは原書を示すことによって見つけることができます。

ソース: 等のグループのレポートは ` の Nanotech の 「第2の天性」のパテントに資格を与えました: 全体的な南のための含意」、 4 月/2005 年 5 月。

このソースのより多くの情報のために等のグループを訪問して下さい。

Date Added: Aug 30, 2005 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 04:08

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit