Nanomaterials の健康そして環境リスク

ミハエル Riediker の調整者 NanoImpactNet 先生; ヘッド、研究グループ 「粒子および健康」、作業のための協会および健康のローザンヌ、スイス連邦共和国
対応する著者: Michael.Riediker@hospvd.ch

nanosilver の微量は細菌の成長から保護します、化粧品の nanoparticles は効率的に紫外線を妨げ、 nanopaints、表面のおかげで完全にきれい常にです。 これらの効果の後ろの秘密は nanoscale に共通変えられた物理化学的な特性にあります。

毎日、 nanomaterials を含んでいる新製品は市場 (構造の小さいより 100 ナノメーターの材料) で現われます。 これらの新しい製品は非常に有望です。 生命はより容易です、材料はより丈夫、により軽くなります、治療は少数の副作用をもたらします、装置はより効率的で、環境の保護をそれにより助けるより少ないエネルギーを消費します。

私達はすべてナノテクノロジーによって約束される美しい世界に順方向に見ます。 同時に、私達は私達が新しい健康か環境問題を生成しないことを確かめたいと思います。 新しい技術的なアプリケーションのためにとても有利である同じ特性は厄介な結果でこれらの nanomaterials がどうなるか私達がきちんと制御しなかったら起因してもよい。

例えば、私達は nanomedical 粒子述べていれば私達の体で自由にローミングするために nanoparticles の特性を歓迎します。 ただし、私達は私達の空気および環境に得る技術的な粒子の見通しについて不安に感じます。 労働者が nanoparticles を吸い込めば何が起こりますか。 製品から解放される nanoparticles の生態学的な結果は何ですか。 従って、各 nano 独特のために、私達は可能性としては不必要な結果であることができる何が健康および環境へ私達がそれからどのように寄与してもいいまたか評価する必要があります。

このフィールドの研究は多数の専門知識の組合せを要求して、必要とします。 NanoImpactNet はこのために作成されました。 NanoImpactNet は nanomaterials の健康そして環境影響のヨーロッパの研究ネットワークです。 それは EC 委員会からの許可によってサポートされます。 これは欧州共同体の nanomaterial の危険の予防的な査定のための重要性の認識を示します。

NanoImpactNet は研究の考えの交換そして討論のためのプラットホームです。 それは科学者が最良実施および優先順位の研究分野の彼らの研究を調整し、方法を調和させ、一致を作成するのを助けます。 ネットワークの頭文字 24 パートナーの協会はヨーロッパおよび世界を渡る 40 ヶ国からの 300 人の研究者に加わられました。 600 人以上の読取装置は NanoImpactNet の時事通信の彼らの熟考に続きます。

NanoImpactNet の特殊機構は研究の必要性および質問についての議論に実行中に企業、非政府機関および行政機関を含んでいることです。 研究者と係争物受寄者間のこの交換は作戦についての非常に建設的な議論の nanomaterials の安全な、責任がある開発を保障するために原因となります。

新技術の否定的な結果についての恐れはまれです。 以前、危険は技術のより広い広がりの間に技術開発の後やっと、査定されました。 ナノテクノロジーの回転は多分最初にその研究者です技術の広まった採用の前に危険を査定し、管理するために、企業および政府は協力しました。

範例のこの変更は非常に費用有効ですとそしてかなりの健康および環境の利点を持って来ると約束します。 しかし、それはこれらの新技術の推定危険そして利点が絶えず変更するので挑戦的な範例です。 従って、危険利点のバランスは移動目標です。 危険が真剣に取られる私達が準の危険が余りに大きい特定時に考慮されれば技術が保留になることを受け入れなければならないかもしれないことを必要とし。 危険が恐れられているより低いなれば代わりに私達は準の技術開発の継続を許可しなければなりません。

nanomaterials とのすばらしい未来を望もう!

、版権 AZoNano.com ミハエル Riediker (作業および健康のための協会) 先生

Date Added: Dec 6, 2009 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 13. June 2013 23:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit