Aldrich の物質科学からの PCBM

カバーされるトピック

導入
概要
有機性 Photovoltaics の PCBM
有機性電界効果トランジスタの PCBM (OFETs)
有機性光検出機構の PCBM
シグマ Aldrich について

導入

[60] PCBM は単一の異性体としてあります。 [パフォーマンスに関連するかもしれない 60] PCBM の興味深い機能は高度 C60 の電子および物理的性質をに維持することです。

概要

単結晶の構造解析は分子間の間隔が C60 と本質的に同一であることを、示します PCBM で不思議そうに C60 よりわずかに小さい間隔をあけていて最も短い球にボールが。 [60] PCBM のコンパクトな構造からの程度の余りに大きいへの偏差が減少されたパフォーマンスの (およびこうして親フラーレンから) 原因となることが一貫して示されました。 Aldrich の物質科学から使用できる PCBM の製品のリストについては表 1 を見て下さい。

製品番号 製品名 純度
684457 [60] PCBM >99.9%
684449 [60] PCBM >99.5%
684430 [60] PCBM >99%
684465 [70] PCBM 99%

有機性 Photovoltaics の PCBM (OPV)

[60] PCBM は今でも有機性 photovoltaics の非常に広く使われた n タイプのコンポーネントです。 少なくとも最後の 6 年にわたって、バルクヘテロ接合有機性光起電装置のための出版された世界記録力の変換効率 (BHJ) (η) は [70] PCBM を含んでいる装置がレコードを保持したピリオドを除けば [60] PCBM を、織込んでいるずっと装置によって私たちの知る限りでは絶えず保持されています。 MDMO-PPV: 結局η=3.0% に導く [70] PCBM が [先にη=2.5% を与えてしまった 60] PCBM の代わりになったときに PCBM 装置は完全に、調査され、特徴付けられました。 増加は [[60] PCBM と比較された目に見える波長の 70] PCBM のより高い光吸収が原因でした。 [84] 供給ポリマーを寄付する電子と組み合わせて比較的強く使用されたので能力を受け入れるよりよい電子が OPV の減少されたパフォーマンスの原因となったけれども、 PCBM に目に見える波長でより強い吸収があります。 もっと最近、研究者および開発者は polythiophene/PCBM システムに transitioned、 4.4%-6% のηは何人かのグループ出版されました。 焼きなましによる形態の注意深い制御は、または蒸発を、提供しますパフォーマンスの重要な改善を遅らせます。

10% のηを [60] PCBM が改良された装置のための n タイプの半導体として大方適切でである推論の原因となる形態、複合材料およびポリマー特性の改善に達成する研究開発のための最新式の道路地図は焦点を合わせます。 ただし、 PCBM およびポリマー段階のより広範な demixing が観察された polythiophenes との形態制御の改善はまた望まれます。 これは新しい分子のデザインそしてテストに、 [60] 予備の結果で P3HT のわずかにより有利な形態を与えるようである ThCBM 導きました。 [60] ThCBM はまた [60] PCBM の電子特性を (LUMO および移動性) 維持します。 n タイプの LUMO のレベルの増加はまた OPV の開発者およびしかし最近総合された分子、 2,3,4-OMe-PCBM のショーによって念願ずっと LUMO の適度な顕著な増加です。 この分子は MDMO-PPV と組み合わせてより高いオープン回路の電圧 (VOC) を与えるために示されていましたが、 OPV 装置でまだ十分に特徴付けられませんでした。

有機性電界効果トランジスタの PCBM (OFETs)

有機性半導体のための比較的高い移動性は [60] PCBM 装置 (1 x 10-2 x 10 cm/Vs)–2 のために–1 2、またインバーターの構築を可能にした ambipolar 輸送示されました。 安定性は効率的な不動態化が報告されたけれども、ずっと問題です。 [70] PCBM は電子移動度一桁についてこれまでにより低く示しましたが、より短いアニーリング時間をおよび安定性が高い可能にします。 [84] PCBM は 3 x 10 まで電子移動度と組み合わせて非常によい安定性を、示し、–3 PCBMs の活用されたポリマーの–5–4 10-10 の2 cm/Vs. のブレンドの正孔移動度はまた ambipolar OFETs に使用することができます。 より少ない作業は OPV と PCBMs を使用して OFET 装置で比較しま行われ、それは期待することができま移動性の改善が OPV と得ることができることフィルムの形態の同じような制御を (最適の溶媒および蒸発/アニーリング) ように示された適用します。

有機性光検出機構の PCBM

OPV 装置の早い開発を用いる並行操作はまた、同じようなフォトダイオードに基づいてバルクヘテロ接合の有機性光検出機構開発されました。 商用アプリケーションのために十分なパフォーマンスは低い暗電流、高い外部量子効率 (80%)、および速い過渡挙動と、実現されました。 かなり、大きい領域アプリケーションは siliconbased 装置上の有機性薄膜の費用の利点が想像された原因です。

シグマ Aldrich について

シグマAldrich® は一流のハイテクの会社です。 研究および製造業の私達の材料化学優秀な研究機関を通して私達は高度を開発しま、マイクロ/nanoelectronics、代替エネルギー、表示/光電子工学、ナノテクノロジーおよび関連の物質科学のための材料を可能にし、アプリケーションを設計します。 専門は ALD の前駆物質、超高度純度の無機ハロゲン化物、燃料電池材料、電子等級の染料、専門の単量体および cGMP の等級ポリマーを含んでいます。

ソース: 材料は第 3 教授先生が Hummelen 1 月 C 書いている Vol. 2 重要です

このソースのより多くの情報のためにシグマ Aldrich を訪問して下さい

Date Added: Jul 16, 2011 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 14. June 2013 09:28

Ask A Question

Do you have a question you'd like to ask regarding this article?

Leave your feedback
Submit