光通信の水晶のためのヒドロゲル Nanoparticles - 新製品

AZoNanotechnology - A からナノテクノロジーの Z: 光通信の水晶のためのヒドロゲル Nanoparticles

ジョージアの技術協会の研究者は光通信の水晶を形作るのに使用することができるヒドロゲルベースの nanoparticles の系列を開発しました光学的性質が熱的に粒子の」調節することによって含水量正確に調整することができる。

柔らかい conformable 球形の粒子はライトの特定の波長を送信することできる自己によってアセンブルされた定期的な構造を形作るために習慣処理される ` の光通信の液体のための基礎」であることができます。 潜在的なアプリケーションは医学の診断のテレコミュニケーションそして新型に光学切換えおよび光学限定を含めます。

` 私達に 1 つのタイプの粒子を取り、私達に他のタイプのコロイド光通信材料と」。普通することができない正常な方法で処理することができるポリマー解決があるジョージア Tech. の ` でそれからの光学材料の全多くを、好みます各々の光学材料のための新しい粒子を総合しなければならないことに対して」、アンドリューライオンを言います、化学および生物化学の助教授作成するための非常に簡単な処理方法があります

軽く N、 N-methylenebis (アクリルアミド) と架橋結合する nanoparticles は多N ISOPROPY LACRYLAMIDE から総合されます。 水様媒体の沈殿物重合の後で、粒子は周囲水から遠心分離機にかけることによって分かれています。 生じるゼラチン状材料にかすかで青、緑または赤い色相があります。

それに好ましい光学的性質を与えるためには、材料は構成のヒドロゲルの粒子のボリュームフェーズ遷移の温度の上のそれを熱することによってアニールされます、その時点で光通信の水晶は順序を失い、 nanoparticles は水をあきらめ始めます。 水の少量を取除いた後、材料が冷却し、水を再吸収し、再結晶する。 この熱循環プロセスは光学的性質のために必要とされる定期的な誘電性の構造を作り出す発注された 3D 六角形のアレイに柔らかいヒドロゲルの粒子を詰めるのに役立ちます。 これは 15 回まで生じる結晶の構造に望ましい光学的性質があるまで繰り返されます。

密接に粒子の水和を制御することによって、研究者は 200 以上の nanometres の波長範囲上の 1 ナノメーターのステップによってカラーを調整できます。 遷移温度の上で熱されたとき、材料は液体になり、標準ポリマー加工の技巧を使用して働くことができます。

2003 年 5 月掲示される

Date Added: Nov 5, 2003 | Updated: Jun 11, 2013

Last Update: 11. June 2013 20:57

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this article?

Leave your feedback
Submit