Posted in | Nanobusiness

主要なアジアの電子材料カンパニーでは、Nanocoで持株を増加

Published on July 20, 2009 at 9:03 PM

Nanoco 、グローバルな量子ドットの市場のリーダーは、キスコ株式会社("キスコ")、大阪、日本に本社を置く大手アジアの電子材料の商社や製造会社は、2009年7月15日、当社の2870339普通株式を購入した。発表

この取引の結果としてキスコは、現在、当社の発行済株式資本の3.27パーセントを表す6026615普通株式の合計を保持しています。キスコはNanoco有数の量子ドット技術の排他的なアジアの販売代理店です。

マイケルエデルマン、Nanoco最高経営責任者(CEO)は"我々は、購入、物流及び英国からアジアへのNanocoの量子ドット材料の供給とのアジアの顧客を支援し続けるキスコから継続的なサポートに満足しているコメント。 Nanocoの事業は、我々の努力を支援する上で大きな役割を果たしている。"アジアとキスコで急速に成長しています

Nanoco Group plcは、ロンドン証券取引所のAIM市場で取引されています。同社は、グローバルな量子ドット市場におけるリーダーです。 Nanocoは、量子ドットのアプリケーションが世界中で成功し、市場に来ることができる価格で、その顧客が必要とする量子ドットの質と量を、開発、製造、供給しています。 Nanocoは、そのヘビーメタルフリー量子ドット技術の開発と大量生産に焦点を当てています。

2009年7月20日投稿

Last Update: 12. October 2011 00:22

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit