保護所の研究のアイリーン Revenko は AFM/SPM のためのフランスで代表的ように原子力 F+E に支持しました

Published on September 22, 2009 at 9:24 PM

アイリーン Revenko、 MD/PhD は、保護所の研究の原子力/スキャンのプローブの顕微鏡検査 (AFM/SPM) のためのフランスの代表として保護所の大陸ヨーロッパのディストリビューター、原子力 F&E に、支持されました。 Revenko 先生は原子力 F&E. のすべてのフランス語を話すユーザーそして潜在的な顧客のためのサポートを増強します。 彼女は AFM/SPM の生物的、医学の、薬剤および材料アプリケーションの経験 15 年のにわたる広範な知識があり。 Revenko 先生はまた液体のイメージ投射を含むこれらのアプリケーションのためのサンプル準備に専門家、です。

アイリーン Revenko、 MD/PhD は、保護所の研究の原子力/スキャンのプローブの顕微鏡検査 (AFM/SPM) のためのフランスの代表として保護所の大陸ヨーロッパのディストリビューター、原子力 F&E に、支持されました。

Revenko 先生は会議および会合でフランスの実験室そして施設に訪問を他の所でスケジュールして、話に出席しましたり与えます。 フランスおよび他のヨーロッパの位置の会合/会議に出席したら、原子力/保護所の研究ブースを訪問し、アイリーンに会って下さい。 彼女はまた生物的アプリケーションを論議し、私達の MFP-3D™および Cypher™の製品種目のフィードバックを聞くことに非常に興味があります。

、 Ludger バイセルは原子力 F&E のための専務理事、 「私達非常にフランスで配置されたアイリーンを持つために喜びますコメントしました。 彼女の存在は私達の市場の可視性を高め、よりよくフランス語を話す領域の私達の既存の顧客すべてを助けます。 アイリーンはまた増強しますヨーロッパの私達のアプリケーショングループ、また原子力によって提供された広く尊重されたサポートを」。

追加される Revenko 先生は 「Avoir の une の présence en フランス重要な援助 NO の顧客の actuels 米国東部標準時刻を注ぎます。 amplement の notre の technologie の補助の utilisateurs の d'AFM と Cela nous permettra aussi de faire の connaitre。 Ayant の toujours の travaillé の avec の les の氏族 d'Atomic 力の depuis の mes の débuts en の industrie、簡単なと confortable cette の intégration の dans の leur の équipe 米国東部標準時刻。 」

機能で提示か AFM のデモンストレーションをスケジュールすることを望むか、または質問があったりまたは先生からの Revenko アプリケーション援助を世界一流 AFM/SPM の科学技術者とのアプリケーションについて雑談したいと思いなさい - またはちょうど - アイリーンの連絡先情報下記のようにリストされています必要とすれば:

irene@AsylumResearch.com
+33 6 48 79 70 19 - 可動装置
+49 6 21 76 21 17 31 - オフィス
+33 4 79 25 69 36 - ファクシミリ

Last Update: 12. January 2012 06:05

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit