ナノスケール物質のためのアルゴンヌ国立研究所のセンターでは、新しいスキャンプローブ顕微鏡の構築を専用に

Published on October 21, 2009 at 7:18 PM

ナノスケール材料センター(CNM) エネルギー省(DOE)アルゴンヌ国立研究所米国エネルギー省は、年次ユーザーカンファレンス中に最近建設の新たなスキャニングプローブ顕微鏡を捧げた。新しい建物は表面上にスピン偏極した電子を測定する新しい走査型プローブ顕微鏡が設置される予定です。

"スピン偏極走査プローブ顕微鏡(LT - SPM)は、CNMの研究者に利用できる多くのツールに素晴らしい加えている、"暫定的なCNMディレクターデリックマンチーニ監督は述べています。 "Nanomagnetismは急成長分野であり、そしてLT - SPMは、この研究のための最先端技術を提供する。"

LT - SPMを使用してNanomagnetismの研究は、よりエネルギー効率の高いモーター、先進的な情報蓄積、処理するプロトタイプデバイス、高度な薬物療法と生体磁気センシングの概念につながる可能性があります。 LT - SPMは、高磁場(9 T)と低温(4.2 K)におけるスピン偏極表面の高分解能特性に捧げられた多機能走査型プローブ顕微鏡です。この最先端の装置は、nanomagnetismとnanoferroelectricsでCNMプログラムを展開する。

スピン偏極機能と絶縁サンプルを特徴づける能力と、この楽器は、基本的な材料研究を追求する走査プローブを用いて科学の最前線にCNMを推進します。新しい建物は音響と振動の干渉のない安定性の高いオペレーティング環境を必要とするLT - SPMを、収容するCNMに隣接して建設された。顕微鏡は、また、磁場のないように特に設計したCNMの楽器、と互換性のない比較的大きな浮遊磁界を生成します。

LT - SPMは、重要な科学研究のためのツールに必要な、新しい建物は、特にマシンを保持し、磁場が建物内に他の楽器に問題を提起しないことが離れてCNMからそれを置くように設計されたので。

建物の建設は9月末に完成したと施設は、秋の終わりまでに入居のための準備が整います。

建物は150万ドルの費用や研究室から機関一般プラントのプロジェクトの資金のために支払われた。

Last Update: 5. October 2011 06:43

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit