Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanomedicine | Nanobusiness

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

MagForce のナノテクノロジーは段階 II の臨床試験の正常な完了を発表します

Published on November 3, 2009 at 3:53 AM

MagForce ナノテクノロジー AG、 Nanostart AG によって所有されるベルリンベースの医学の技術の会社の大半今日再発 glioblastoma の患者の NanoCancer® 療法の効力発表しました、非常に悪性である脳腫瘍の頻繁な形式を示す段階 II の臨床試験の正常な完了を。 実際の調査の結果はかなり調査の目的を超過しました。

大きい患者数の中の前の調査に従って、慣習的な療法 (外科、化学療法および放射) と glioblastoma の再発の診断および処置に続く中央の生存可能時間は 6.2 か月です。 NanoCancer® 療法の調査のための一次目的はこの歴史的制御グループと比較された 3 か月までに募集された忍耐強いグループの中央の生存可能時間の拡張を示すことでした。

実際は、段階 II 臨床試験に加わっている 59 人の患者の中央の生存可能時間は放射と共に NanoCancer® 療法と処置に続く 13.4 か月でした。 中央の生存可能時間はこうしてかなり大きかったです、倍よりもっと制御人口のそれ。

結果は NanoCancer® 療法が一次腫瘍を持つむしろ既に慣習的な療法の処置に耐えてしまった、また不愉快な効果はこれらと一般に関連付けました患者を含む調査として最近診断された患者でないテストされたが、ことさらにもっと驚くべきでした。 新しい療法の規制当局の許可の後で、また他のタイプの集中させた腫瘍のことを処理で使用のために使用できることがことして、です一般に癌細胞を破壊するか、または低下させるのに暖かさの使用の同じ原則に敏感期待されます。

MagForce の創設者および主な科学的な将校の先生アンドレアスヨルダンは、 「結果示します同時に最小の忍耐強い副作用をもたらす NanoCancer® 療法の潜在性をコメントしました。 私達の視野は癌療法の追加柱として外科、化学療法および放射の横のこの新技術を確立することです」。

Marco Beckmann、 Nanostart AG の CEO は、付け加えることを続きました 「私達は熱狂的にすばらしい調査の結果の先生ヨルダンおよび彼のチームを祝います。 それは私達が医学の歴史的前進に」。ナノテクノロジーに感謝するかもしれないという私の確信です

今最終的に示された高い効力に加えて、 NanoCancer® 療法は外科介在、化学療法および放射の既存の慣習的な療法の代わりと比較される追加および非常に重要な利点があります: NanoCancer® 療法は患者によって、高い効力にもかかわらず非常によく容認されなく、深刻か不愉快な副作用をもたらします。

これらの臨床試験の結果は今今年中に入る新しい療法の EU の規制当局の許可のためのアプリケーションの基礎を形作ります。 EU の規制当局の許可が得られたら、 MagForce は欧州連合全体の NanoCancer® 療法を販売できます。 詳しい調査の結果は医学ジャーナルでやがて出版されます。

NanoCancer® 療法は癌を戦う全く新しい方法を表し、世界最初に近づきます事実上副作用と腫瘍を扱うのに磁気 nanoparticles を使用するためにです。 これは腫瘍に特に上塗を施してある酸化鉄の nanoparticles を直接そして正確に注入することによってされます腫瘍に集中されて残り、周囲の健全なティッシュに拡散しないように。 腫瘍内の nanoparticles は厳密な温度に外部に外部磁界を加えることによってそれから熱されます。 このように、 70°C までのの腫瘍の温度 (158°F) はわずかの内で程度正確に達成することができます。 この熱損傷は腫瘍またはそれを完全に破壊します。 処置プロシージャの間に、患者は適当な暖まる感覚だけ感じます。

Nanostart AG 2004 年以来の MagForce のナノテクノロジーの鉛投資家で、現在分け前のおよそ 77% を保持します。

Last Update: 13. January 2012 10:38

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit