Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanomaterials

Argonne の実験室は顕著な仲間として 3 人の科学者を名前を挙げます

Published on June 17, 2010 at 7:34 PM

Argonne の国立研究所 (DOE)米国エネルギー省は科学者を顕著な仲間、実験室で最も高い科学的なおよび工学ランクとして、オーランド Auciello およびアリ Erdemir と Petford の長さのアマンダ名前を挙げました。

Argonne によって区別されるタイトルは最高位大学で寄与された椅子と身長で対等で、人のフィールドの例外的な貢献を認識します。 ランクは支えられた顕著な科学的で技術研究のために与えられ、また主要で、複雑な、高優先順位のプロジェクトの顕著な技術的なリーダーシップと関連付けることができます。

Argonne は顕著な仲間として 3 人の顕著な科学者を今年名前を挙げました。 左から: Petford の長さのアマンダオーランド Auciello およびアリ Erdemir。

Petford の長さのアマンダ
Petford の長さ Nanoscale の文書のための Argonne の中心、 Nanoscale で明示的に新しい機能材料の作成そして性格描写に合う機能を提供する各国用のユーザー機能エネルギー省のディレクターはです。 彼女は (1985 年) オックスフォード大学からの物質科学および大学付属、ロンドン (1981 年) からの独身の物理学の学位の博士号を保持します。

彼女の研究の興味は微細構造および製造パラメータへの層にされた ferroic フィルムの磁気、輸送および光学的性質の依存を含んでいます。 フィルムの物理的性質はイメージ投射磁区のための Lorentz の顕微鏡検査を含む高解像の電子顕微鏡検査そして位置に敏感な原子のプローブの技術の範囲を使用して、定められる微細構造、磁区の構造および構成プロフィールに関連します。

オーランド Auciello
オーランド Auciello は Nanoscale の文書のための物質科学の部分そして中心ではたらく Argonne に年長の物理学者です。 彼は修士号 (1973 年) および物理学の協会 「Balseiro 先生」からの物理学の博士号 (1976 年) と卒業しました (Universidad Nacional de Cuyo、アルゼンチン)。

Auciello は ferroelectric メモリのような装置、 nanoscale CMOS 装置、光起電エネルギー生成/記憶装置、高周波装置および圧電気の薄膜に MEMS/NEMS 装置のための多成分酸化物の薄膜およびアプリケーションの科学技術を含む異なったフィールドの複数の基本的な、応用研究計画を、指示しています。

彼の研究はまた科学技術を新しい ultrananocrystalline のダイヤモンドのフィルムの、開発されるそして特許を取られる Argonne および RF MEMS/NEMS、電子フィールドエミッター、 implantable 生物医学的な装置 (人工的な網膜)、バイオセンサーおよび機械ポンプシールのような多機能装置にアプリケーションで含んでいます。

アリ Erdemir
Erdemir は Argonne のエネルギー・システム部の年長の科学者です。 ジョージアの技術協会、アトランタ、 Ga から設計している彼はイスタンブール技術的な University (1976 年) からの冶金学の学士号を、イスタンブール、トルコおよび修士号 (1982 年) および材料の博士号 (1986 年) 得ました。

彼の研究の興味は表面工学、トライボロジー、給油、 superlubricity、 nano 構成された nano 合成のコーティングを、生体材料、物理的な、金属切断および形成のような表面の分析織る、化学気相堆積、表面ダイヤモンドおよび diamondlike カーボンフィルム、エンジンのトライボロジー、侵略的な、 implantable 医療機器、 nanolubrication およびさまざまな製造技術含んでいます。 これらの領域の彼の貢献は複数の進歩の発見で起因し、基本的な摩擦のそれ以上の理解の重要な肯定的な影響があり、そして多数が企業によって今使用される多数の新しい材料、コーティングおよび潤滑油のメカニズムを身に着けています。

Last Update: 11. January 2012 22:41

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit