Posted in | Bionanotechnology

Aphios はポリマー Nanospheres を作り出すために米国のパテントを受け取ります

Published on June 24, 2010 at 2:02 AM

「そこにポリマー Microspheres/Nanospheres および治療上の蛋白質をカプセル化することのための米国のパテント第 7,708,915 B2 を与えられたことを Aphios Corporation は今日」、許可しました 2010 年を 5 月 04 日発表しました。

この発明は重合体の microspheres および nanospheres を作り出す改善されたプロセスで治療上の蛋白質か他の有用な物質およびポリマー microspheres/nanospheres の器具をカプセル化します。 この発明はまた未使用ポリマーおよび器具からの蛋白質含んでいる重合体の microspheres/nanospheres を浄化する従って方法を伴ないます。

「そこにポリマー Microspheres/Nanospheres および治療上の蛋白質をカプセル化すること」。 多数の処理ステップおよびたくさんの有機溶剤を利用する重合体の microspheres の慣習的で大規模な生産は非常に時間のかかり、高価、そして非能率的です。 さらに、有機溶剤への治療上のエージェントの露出は不利に蛋白質の保全および bioactivity をもたらします。 均等性および保全、また処理時間および治療上の製品を含んでいる生物分解性ポリマー microspheres の準備と関連付けられる費用は北極の cosolvents [SuperFluids™] の有無にかかわらず臨界超過液体、重大またはほぼ重大な液体の使用によって非常に減ります。

私達のプロセスでは、 PLGA のような生物分解性ポリマーは SuperFluids™で分解し、解決でまたは操作圧力の nanoparticles のスラリーとして治療上のターゲットと混合されます。 混合物は水溶液、液体窒素または空の容器 (噴霧乾燥器) にノズルを通してそれから復元されます。 蛋白質の therapeutics をカプセル化するポリマー nanospheres は形作られます。 また、 SuperFluids™のポリマー富ませたストリームはターゲット治療上のエージェントを含んでいる水溶液に復元することができます。 有機溶剤の使用法の減少か除去に加えて、 nanospheres を作るための SuperFluids™の使用は残りの有毒な有機溶剤および病原体の安全の利点を与えません。

SuperFluids™ポリマー nanospheres (PNS) プロセスが有機溶剤を利用しないで治療上の蛋白質および他の分子をカプセル化するのに利用することができます従来されるように。 ノズルデザインおよびプロセスパラメータの変更によってポリマー microspheres を製造するのに、またプロセスが利用することができます。 SuperFluids™ PNS は容易にスケーラブルのシングル・ステッププロセスです。 SuperFluids™ PNS はペプチッドおよび蛋白質の口頭生物学的利用能、支えられ、制御された、リリースのためのペプチッドそして蛋白質のターミナル配達そして敏感なワクチン接種の抗原の subcutaneous および/または口頭配達を改善するために利用することができます。

ソース: http://www.aphios.com/

Last Update: 12. January 2012 01:44

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit