Posted in | Nanobusiness

カールツァイスは次のマイクロナノテクノロジーエンジニアのための国際競争を催します

Published on July 2, 2010 at 7:44 PM

カールツァイスは euspen イエナで 7 月 1 日 - 3 日から起こっている挑戦 2010 を催しています。 精密工学、 microtechnology およびナノテクノロジーのフィールドのエンジニアリング科学の学生のための国際競争は精密工学およびナノテクノロジーのためのヨーロッパの社会によって (euspen) 組織され、今年はじめて起こっています。

2010 の国際的な最終のために挑戦、ドイツからの Florian Böhmerman、光学と関連しているアサインメントのイエナのカールツァイスで働くイギリスからのデンマークの und マキシミリアン Dany からのステファニア Gasparin を (左から) euspen

カールツァイスはずっと 2006 年以来メンバーの euspen です。 「それは最初の国際競争を催す私達のための特別な名誉です」 Gmbh カールツァイスイエナで先生、技術センターの年長ディレクターおよびイエナのイベントの構成をサポートした euspen 議会のメンバーを言います Klaus フリートリッヒ Beckstette。

国際的な最終ではドイツ、ベルギー、デンマーク、イギリス、ネザーランド、スペインおよびスイス連邦共和国からの各国用の予備の 21 人の勝者は 3 人のメンバーの混合されたチームそれぞれで競います。 次に彼らは光学および現在と関連していたアサインメントに陪審へのそれ取り組みます。

勝者はカールツァイス、 Jenoptik および Heidenhain の子会社 NUMERIK イエナからまた最もよい解決に賞を提供した代表を含む陪審によって、選ばれます。 カールツァイスは一等賞 - タイプ勝利 10 x 42 T* FL、 1,300 ユーロの値とのそれぞれの双眼鏡の 3 つのペア -- を寄付しています。 賞の提示は 7 月 3 日に 8 P.m. からのイエナのホテル Schwarzer Bär で起こります。

競争自体から離れて、会社の訪問、文化行事、夕方コックのおよび企業の指定会社からの代表との会合はまた 3 日間の議題で特色になります。

Last Update: 11. January 2012 22:41

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit