コリオリPharmaservicesは、タンパク質の薬やワクチンの凝集挙動を調査するNanosightを使用して、

Published on September 7, 2010 at 8:30 PM

ミュンヘンに本社を置くコリオリPharmaServices GmbHは、使用しているNanoSightのタンパク質の薬やワクチンの凝集挙動を調べるためにLM - 20ナノ粒子特性評価システムを。

コリオリは、国内および国際的な製薬企業から医薬品の蛋白質とその顧客のためのワクチンの策定と分析のための開発業務受託機関です。製剤の開発中に特別な焦点は、肉眼では見ることができない粒子と凝集の特性に設定されています。 NanoSightシステムの主要なアプリケーションの要件は、医薬品タンパク質製剤およびワクチンの数と凝集体のサイズ分布、例えば、ウイルス様粒子を測定することです。タンパク質凝集は主要な安定性の問題であり、減少した生物活性と製品の強化された免疫原性をもたらすことができる。したがって、医薬品タンパク質の凝集挙動を分析し、処方開発の開始時に既に凝集を避けるための方法および製剤を開発することが重要です。

コリオリPharmaServicesで使用中のNanoSightのLM 20システム

コリオリの関心の大きさの範囲に応じて、定量化するために楽器のためのさまざまな技術を使用し、大きさの凝集体。動的光散乱法は、例えば50から20 nmの範囲、単分散のシステムを分析するために理想的ですが、凝集体が(nmの範囲の何百もの)を形成し、成長し始めると、NanoSightからナノ粒子のトラッキング分析(NTA)は、実際の分布の画像が得られます。 μmの範囲内の試料について、マイクロイメージング(MFI)と光掩蔽が使用されます。

DLSとは対照的に、国税庁は、粒子の総濃度と異なるサイズの個体、例えば、60および100 nmの粒子を区別する可能性の推定を与える多分散の試料でうまく動作します。これは、貧しい人々の解像度のためにDLSによることはできません。

サンフランシスコで最近の国立バイオテクノロジーカンファレンス2010で講演、博士マイケルWiggenhorn下コリオリのチームは、タンパク質製剤にナノスケール微粒子の包括的な特性を達成することを報告、それはその範囲内で動作する技術を組み合わせることが重要です。しかし、サンプルのリアルタイム画像を提供するために、国税庁の能力は潜在的にDLSを使用することはできない、測定中に問題が発生するの分析を可能にします。

Last Update: 3. October 2011 16:44

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit