Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

CNT ベースの電子工学を開発し、商業化する Unidym および Samsung

Published on December 9, 2010 at 4:42 AM

Unidym、 Inc. は、大半 Arrowhead Research Corporation (NASDAQ の子会社を所有しました: 今日発表される ARWR) サムソング・エレクトロニックス Co. との IP の協同そして使用許諾契約を完了したことを、株式会社 (「Samsung」)。 一致の下:

  1. Unidym は CNT の合成物、 CNTs の統合、 CNTs の処理、インク公式および透過伝導性のフィルムの基本的なパテントを含む CNT 材料を、カバーする Samsung のパテントに認可しました。
  2. Unidym は本質的に CNTs を織込んでいる電子デバイスと関連していた Samsung にある特定の特許権を、転送しました。 Samsung は転送された特許権の下で製品を販売する Unidym のライセンスに戻って許可しました。
  3. Unidym および Samsung は CNT ベースの製品を開発し、商業化するために協力し続けます。

「これはカーボンベースの電子工学の重要な開発です」、マーク Tilley、 Unidym の社長兼最高経営責任者を言いました。 「私達は数年のサムソング・エレクトロニックスを使用し、私達の関係のこの次の段階に今順方向に見ています。 私達はこの同盟の Samsung が投資および Unidym の進行中の IP の協同印刷できるカーボン電子工学のための市場を」。開くことを期待します

ソース: http://www.unidym.com/

Last Update: 11. January 2012 16:17

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit