Posted in | Nanoenergy | Nanobusiness

mPhase は米国陸軍との 3 年の一致にスマートな NanoBattery を評価する署名します

Published on February 10, 2011 at 6:47 AM

mPhase Technologies、 Inc. (OTCBB: XDSL は) 今日 Picatinny、ニュージャージーで米国陸軍の兵器研究、開発および工学中心 (ARDEC) との 3 年 CRADA (協力的な研究開発の一致) に署名したことを発表しました。

一致の目的は協力的にテストし、新しい設計特微を含む mPhase スマートな NanoBattery を、評価し、機能的に携帯用電力源を必要とする DoD によって基づくシステムのために割り当て続けることです。 軍隊の研究者は研究開発に技術合併ニュージャージーの Picatinny の工廠で軍隊の試験設備を使用して更にプロトタイプを可能性としてはおよび Picatinny によって後援された他のプログラム評価します。

研究一致はヒューズ及び精密兵器技術の管理職によってサポートされます。 ARDEC のエンジニアおよび科学者はで銃によって発射された軍需品のための技術の適用の可能性を ARDEC の力およびエネルギー・システムの能力で評価し、定めます。

「この一致重要であり、私達の技術の継続的確認」、は Ron Durando、 mPhase の技術の社長兼最高経営責任者を言いました。 「私達はリーディングエッジの軍隊アプリケーションに私達の技術を運転する米陸軍の科学者と働くことを楽しみにしています」。

Picatinny とのより早いテストは 30,000 の G 力上のの高い加速にそれらを服従させたテストを存続させる SmartBattery プロトタイプの衝撃そして加速に極度な復元力を示しました。 (1 g は海水位で重力の引きと等しいです。) タンクから発砲の投射物の空気銃そして生きているテストから両方のシミュレーションを含んだテストはプロトタイプ力のセルの根本的な nanostructure が軍アプリケーションの極度な衝撃に抗できるもし使用するならことを示しました。

ソース: http://www.mphasetech.com/

Last Update: 11. January 2012 09:23

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit