Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

MFP - 3Dのアサイラム™原子間力顕微鏡から利用できる新しいECセル

Published on March 5, 2011 at 3:51 AM

アサイラムリサーチ 、プローブ原子間力顕微鏡(SPM / AFM)をスキャン技術のリーダーは、そのMFP - 3D™AFMsのための新しい電気化学セル(EC細胞)を発表しました。 EC細胞は、AFMイメージングと組み合わせた電気化学実験のための多目的なプラットフォームです。

ヒーターで示すように、ECの細胞は、周囲温度から60に加熱を提供℃にヒーターは、例えば、室温で液体ではない電解質の研究が可能になります。

EC細胞は、絶縁基板上に薄膜を導電性金属シリンダー、フラット実施試料、およびさらに含む様々なサイズのサンプルを(電極を作業)対応、および堆積、酸化、腐食、および金属と他の材料の物質移動の研究が可能になります。電気化学反応により誘導されるようにナノスケールの地形変化が正確にその場で監視することができます。細胞は、加熱のための周囲から60 ° C(オプション)に提供し、完全に密封された設定で動作させることができます。

プロダクトマネージャー、博士マールテンラトガースは、コメント、"我々は、電気化学の実験を行うためにオックスフォード大学(英国)の教授リチャードコンプトンと連携してECセルを開発し、同時に、試料に発生する変更の画像を開発する。この新しいツールは、すでに研究者にかなりの時間を節約し、それらが発生すると、さらに、多くのプロセスの観察を可能にしています。"

Last Update: 5. October 2011 17:02

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit