Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoanalysis

バークレーの実験室は Kasha の規則を壊す半導体の Nanocrystal の人工的な分子を作成します

Published on July 4, 2011 at 5:10 AM

カメロンシェ著

米国エネルギー省のローレンスバークレーの国立研究所 (バークレーの実験室) は (DOE)人工的な半導体の nanocrystal 分子を開発し、ライトは分子で指示される場合の基本原則に対してそれら働く観察されてことを示す photoluminescence によって呼出された Kasha の規則、低負荷の励起状態からだけ蛍光または燐光性であるライトを出します。

バークレーの実験室によって開発される半導体の tetrapods

ディレクターポール Alivisatos は、バークレーの実験室ことを多重エネルギー励起状態からの tetrapod 形式によって出されたライトで、 nanocrystal 半導体の分子示しました。 これらの nanocrystal 分子が有機性分子より photostable であるので、 LEDs およびイメージ投射ラベルが含まれている光学感知および光の放射プロセスのアプリケーションで使用されます。 Charina Choi に従って、 Nano 文字、半導体の nanocrystal tetrapods の主執筆者にメタンのそれに類似した優秀な構造があります。

Alivisatos、 Choi およびチームはカドミウムセレン化物およびカドミウム硫化の tetrapod コアか (CdSe)シェルを開発しました (CdS); 高い冷光の量の 30 から 60% の収穫を可能にする疑似タイプ私バンド整理があったかどれが。 tetrapod 最も高く占められた分子軌道は (HOMO)カドミウム硫化コアの中の正孔を含んでいます。 しかし最も低く専有されていない分子軌道は (LUMO)コアの中にが最も低く専有されていない分子軌道集中する、また 4 つのアームにあるかもしれません (LUMO+1) はカドミウムの 4 つのアームの内であります。

ときコアがまたは CdSe の tetrapod 殻から取り出すかまたはカドミウムが LUMO+1 からヒト属に移す高エネルギーのギャップに HOMO-LUMO エネルギーギャップで光子の放出の期待された結果のほかに興奮する、そこにだったもう一つの光子の放出ことが単一の粒子の photoluminescence の分光学によって観察されました。

CdSe およびカドミウムは芯を取りますまたはシェルの tetrapods は nanoscale センサーの力を測定できます。 Alivisatos および Choi の過去の研究は tetrapods の放出波長が 4 つのアームで出たローカル圧力の結果として移ることを明らかにしました。 出るライトのカラー変更で起因する tetrapod アームが圧力によって曲がるとき、 tetrapod ヘテロ構造の電子カップリングを妨げます。 それはまた 2 つの励起状態からの放出強度の比率、説明された Choi を修正します。 CdSe およびカドミウムのアーム長さの修正によって芯を取るか、または tetrapod 殻から取り出して下さい、そこに nano 視覚アプリケーションのために適した多重励起状態からの放出に終ってヘテロ構造内の電子カップリングおよびバンドアラインメントを、制御するチャンスでであって下さい。

ソース: http://www.lbl.gov

Last Update: 12. January 2012 11:27

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit