Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanoanalysis

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

バークレーの実験室の科学者は生体細胞の空間的なパターンを調査する新しい方法を開発します

Published on November 4, 2011 at 4:14 AM

カメロンシェ著

化学者のジェイ果樹園によって導かれるローレンスバークレーの国立研究所米国エネルギー省の研究者のチームはまた生体細胞の空間的なパターンを調査し、生体細胞の動作の影響を分析するために新しい方法を開発しました。

バークレーの化学者

研究に従って膜にある他の細胞分子と蛋白質間の間隔を調整するために、流動脂質の分子の 2 つの層から成っていた人工的な膜は固定金の nanoparticle のアレイと結合されました。

従来の空間的な模造方法は蛋白質の完全な移動性か動きだけを全然達成なできました。 このアプローチによって、科学者は脂質の動きを制御し、セルの特性に影響を与えないで分子を再配列できました。 研究の為に、金の nanoparticle のアレイは 50 に 150 nm の範囲内の間隔粒子で可能になる自己の組立工程によって開発されました。 金の nanoparticles は直径の 5-7 nm を測定します。 ジェイ果樹園によって導かれたチームは MDA-MB-231 として呼出された乳癌のセルに膜を正常にテストできました。

科学者は nanoparticles および脂質が細胞接着分子と結合されたときに細胞接着分子が不在だったときに癌細胞が見えなく間、はっきり識別されたことを調べました。 チームはまた T 細胞の免疫学および癌の転移の調査のための金の nanoparticle の膜を加えています。

ソース: http://www.lbl.gov

Last Update: 12. January 2012 12:03

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit