Posted in | MEMS - NEMS

新しい圧電気材料はケイ素 MEMS に統合しました

Published on November 24, 2011 at 3:07 AM

カメロンシェ著

国立標準技術研究所 (NIST) に属している科学者は大学研究者の大きいチームがケイ素 microelectromechanical システム (MEMS) が付いている非常に能率的で、新しい圧電気材料を統合するのを助けました。 進歩はエネルギー収穫、イメージ投射および感知の大発展の原因となるかもしれません。

電気が圧電気材料に供給されるときそれらは拡大し、材料が絞られるとき電荷を生成します。 水晶、圧電気材料は、時間を維持するのにこの特性を利用します。 腕時計の電池はまた水晶部分に電気を入れま、小さい区域の内で拡大し、引き締まるためにそれを引き起します。 この動きは時間に変換される特定の頻度で行われます。 圧電気材料はまた超音波およびソナーシステムで使用されています。

従来の圧電気材料はほとんどのアプリケーションのために十分です。 ずっと研究者はより多くの力と拡大し、またより強力なシグナルを作り出す新しい材料を発明することを試みています。 これは」電力に機械動きおよび歩くエネルギーを変換できる技術を収穫する 「エネルギーの開発の原因となる場合があります。

ウィスコンシンマディソンの大学の科学者は Penn State のコーネル大学、ミシガン州立大学、バークレーおよび Argonne の国立研究所カリフォルニア大学から研究者の大きいチームを新しい圧電気材料を開発するために導きました。 材料、 PMN-PT は、マグネシウムのニオブ酸塩、鉛および鉛のチタン酸塩の結晶の合金です。

チームはケイ素ベースにいた小さい片持梁に材料、 PMN-PT を、統合するために方法を開発しました。 片持梁はダイビングボードのように見えます。 ケイ素ベースは MEMS の構築のために使用される正常な材料です。 チームは 3 ボルトの電圧を使用し、 MEMS 材料が正常な動きに 4 倍のそしてより多くの力と提供できることを示しました。 圧縮されたとき、 PMN-PT はより強い電荷を生成します。

Vladimir Aksyuk、パフォーマンス手段に PMN-PT の片持梁の工学モデルの構築によってなされ、また他のケイ素システムと材料のパフォーマンス比較される NIST の研究者。 彼は熱されたらだけケイ素がそのようなシステムのためによかったが、それらは受動である言い、と移動してもいいです。 彼は MEMS にそれを組み込む PMN-PT 後押ししますエネルギー収穫機の効率そして感度を追加しました。

ソース: http://www.nist.gov/cnst/

Last Update: 12. January 2012 15:10

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit