Posted in | Nanoanalysis

印刷できる電子工学のための有機性ポリマーを特徴付ける新しい X 線の技術

Published on April 17, 2012 at 3:19 AM

カメロンシェ著

ブライアン Collins 先生およびハラルド Ade ノースカロライナの州立大学からの先生およびミハエル Chabinyc サンタ・バーバラカリフォルニア大学からの先生は太陽電池およびトランジスターのような印刷できる電子工学の有用性を促進するために有機性ポリマーを特徴付けるように新しい X 線の技術を開発しました。

この革新的な技術は低価格で非常に能率的な印刷できる電子工学を開発する道を開きます。 印刷できる電子工学は表面上の伝導性の有機性分子で構成されるインクを印刷するか、または吹きかけることによって製造されます。 この製造の技術はテレビまたはディスプレイおよび太陽電池のような製品に使用する他の製造方法より速く、低価格プロセスです。

調査では、調査チームは他と比較されたときよりよい装置を作り出すある特定の処理ステップの後ろの理由を探索しました。 このため、チームは有機性ポリマーの中の単一の分子の整理を探索するのにローレンス (ALS)バークレーの国立研究所で高度の光源からの X 線を利用する新しい技術を案出しました。 チームはよりよい実行装置が材料の中の特定の分子配列によって代表されたことを検出しました。

Collins はことをトランジスター、分子アラインメントの増加と改善されたパフォーマンスで説明しました。 太陽電池では、装置のインターフェイスの分子アラインメントはライトをより効率的に収穫することの重要な役割を担います。 これは最初にイベントが分子スケールにいずれの場合も発生したところでした。 この技術はそれから商業可能性を高め、パフォーマンスを改善する材料の基本原則そして働き原則を理解する製造業者および科学者に有用です。

調査の結果は ` の性質材料で」ジャーナル報告されました。

ソース: http://www.ncsu.edu

Last Update: 17. April 2012 04:24

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit