Posted in | Nanobusiness

共同で Graphene ベースの研究計画を追求するおよび mPhase スティーヴンスの技術協会

Published on July 19, 2012 at 3:28 AM

カメロンシェ著

スマートな表面の技術、 mPhase の技術の開発者はスティーブンのニュージャージーに基盤をおいた技術協会とのパートナーシップの一致に共同で企業および政府の研究開発のプロジェクトそして商機を追求する入りました。

パートナーシップの焦点は電子回路および電極の印刷のためのスティーヴンスの graphene ベースのインクジェット印刷の技術とのそれの」統合によって mPhase のスマートな Nano 電池の技術を高めるために会社両方の専門知識そして専有知識を用いることによって高度電池の技術のデザインそして開発行います。

mPhase はスマートな表面の技術を開発するために処理するナノテクノロジー、 microfluidics および MEMS の研究の調査結果を利用します。 実験室チップ分析的なシステム、液体および化学薬品センサーシステム、薬剤の投射手段およびろ過システムの潜在的なアプリケーションによって、スマートな表面の技術は最初のスマートな表面によって可能にされた製品、 mPhase スマートな Nano 電池の開発を促進しました。

会社は電子回路のための graphene によって基づくインクジェット印刷のフィールドのスティーヴンスが」遂行する研究に提供の資金調達サポートの見通しを査定したいと思います。

mPhase の技術のロナルド A. Durando、 CEO およびクリストス Christodoulatos、学術の企業心のオフィスのスティーヴンスの仲間の学寮長はパートナーシップに、興奮を表現しました。

ソース: http://www.mphasetech.com/

Last Update: 19. July 2012 05:08

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit