Posted in | Quantum Dots

Quantum の物質的な欠陥と一貫性間の関係を調査する実験

Published on July 21, 2012 at 4:04 AM

カメロンシェ著

接合箇所の Quantum の協会の研究者は (JQI)ある材料の欠陥と低温の量の一貫性間の関係を調査するために実験を行ないました。 調査の調査結果は superconducting 磁石のような改良された量装置を発達させることで助けます。

原子 (信用の光学格子: Matthew Beeler)

材料の欠陥か偏差は原子の中の混乱の形に大抵あります。 小規模のこれらの欠陥は材料の好ましい特性を改良するので有利です。 これの例は伝導性が不純物の導入と増加する銅線です。 科学者はずっと薄く、冷たい原子蒸気が付いている固体を通して電子の動作の模倣によって凝縮させた問題の一貫性の現象を理解することを試みています。 JQI の実験はこれらの前の試みのラインに沿ってあります。

JQI の実験では、近いゼロ温度のルビジウム原子はレーザ光線または光学格子のアレイによってまとめられました。 原子は Bose Einstein の凝縮物と言われた単一の量子状態のすべてありました (BEC)。 この条件は固体超伝導体を貫流する電子を複製して重要です。 JQI 原子は固体で原子間のナノメーターの間隔の一部分に対して離れてミクロン保たれます。 二次元のディスクの無秩序は粗雑面を打つときレーザ光線の偶然の分散によって引き起こされる斑点です。 超伝導体に類似した、ルビジウム原子は供給された斑点の無秩序を頼りにして BEC の量の波の調整された動きを続けました。 しかし斑点が余りに大きくなれば、量の一貫性は消えます。 数値的に非一貫性へのこの転移を測定することは JQI の実験の目標でした。 一貫性を検出するためには、チームはレーザ光線を消しました。 続いて、原子の 2 つのディスクは衝突しました。 彼らは凝集性の状態の原子が衝突の暗闇およびライト縞の形で明確な干渉縞を作り出したことが分りました。 一貫性の損失は干渉縞を洗い流しました。

ソース: http://jqi.umd.edu/

Last Update: 21. July 2012 04:43

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit