AFMs のための Bruker の進水の PeakForce ケルビンのプローブ力の顕微鏡検査

Published on August 13, 2012 at 11:12 PM

Bruker は原子力の顕微鏡のラインのための新しい PeakForce ケルビンのプローブ (KPFM)力の顕微鏡検査のモードのリリースを今日発表しました (AFMs)。 PeakForce KPFM は最も高い空間分解能のケルビンのプローブデータを提供するのに周波数変調の検出を利用します。

それは Bruker の排他的な PeakForce の叩く技術で周波数変調の測定の感度を改善し、人工物を除去する直接関連させた量的な nanomechanical データを提供するために構築します。 さらに、 PeakForce KPFM はセットアップされる ScanAsyst と完全に自動化されたパラメータを提供します。 結果は材料研究、また半導体のアプリケーションの量的な表面の潜在的なデータの重要な改善です。

「私達の研究におよび産業顧客量的な nanoscale の特性の測定のための増加する必要性があります」、にマーク R. Munch、 Ph.D を。、 Bruker の Nano 表面部の大統領言いました。 「PeakForce 私達の新しい KPFM のモード前例のない感度と結合します先端の空間分解能および仕事関数の測定の正確さを」。は

量的な電気および機械特性のマップにちょうどイメージ投射対照を越える AFM を移動するために 「私達は託されます」追加されたデイヴィッド V. Rossi、 Bruker の AFM の事業体の副総裁そして総務部長。 「この前進を可能にするために、私達は PeakForce QNM、 PeakForce のマグロおよび今 PeakForce KPFM の PeakForce の私達の排他的な叩く技術で構築しています」。

Last Update: 13. August 2012 23:34

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit